岡田マリ official blog

■ 堺市視察「手話言語と障がい者コミュニケーションの条例」

福祉保健委員会で尾道市、大津市、堺市に行ってきました。

堺市では「手話言語条例」と「障害者基幹相談支援センター」について話を伺い、「健康福祉プラザ」を視察をしてきました。

渋谷区では「手話言語条例」については渋谷区から意見書を国に提出し、
同じ会派の田中たくみ議員が定例会で質問したことがありましたが、
渋谷区では条例化はされていません。

「障害者基幹相談支援センター」については渋谷区ではこれからの施策です。

条例の正式名は「堺市手話言語の普及及び障害者のコミュニケーション手段の利用を促進する条例」。

市民への手話の普及にも力を入れています。
堺市では聴覚障がい者だけでなく、視覚障がい者、知的障がい者、
発達障がい者向けに「音声」「点字」「筆談」「コミュニケーションボード」などを使用し、情報の取得やコミュニケーション手段を選択できる環境整備にも取り組んでいるのが大きな特徴です。
障がい者団体からヒアリングを重ね、対象がここまで広がったとのこと。

コミュニケーション支援者育成のために講座の実施にも力を入れていました。

堺市、堺市民、事業者、更には仁徳天皇の古墳で有名な堺市を訪問・滞在する障がい者にとってもコミュニケーション手段を利用しやすい環境づくりにも努めているとのこと。
こうした合理的配慮は渋谷区でも取組みたいです。

また「堺市障害者基幹相談支援センター」では行政の他の相談窓口との連携や
地域の相談支援や福祉に関する情報収集、情報提供、障害者構成相談所などの専門職の紹介など、ライフステージにあった情報をワンストップで届けていました。

渋谷区では現在、身体と知的は障害者福祉課、精神は保健所と分かれていますが堺市の相談支援センターの窓口が一本化されているということは初めて相談をする人にとってはわかりやすいですし、より相談がしやすいですよね。

また視察させていただいた「堺市立健康福祉プラザ」には、視覚・聴覚障害者センター、
生活リハビリテーションセンター、総合相談情報センター、障害者就業・生活支援センター、発達障害者支援センター、難病患者支援センター、
心の健康センターなどがひとつの建物に入っています。

堺市

更にはスポーツ施設もありますが、トレーニングジムは障がい者用のマシーンもあり、障がいのある人もない人も同じジムでみんなが利用していました。

写真のクッキングルームのガス代は車椅子の人たちが利用することも考慮し、
高さがボタン一つで変えられるものとなっているなど、館内の様々なところで
障がいのある人が移動しやすい、利用しやすい工夫をたくさん見ることができました。

堺市では障がい者福祉にはこれまで力をいれてきたとのことですが、
しっかりと向き合っている取組みを見せていただき大変勉強になりました。
今後に生かしていきたいです。

そして渋谷区に戻ってみると「超福祉展」を開催中!

超福祉展

最新の車椅子や補聴器などの展示やゲストによるパネルディスカッションや講演
は興味深いものばかり。
11月13日(月)まで。
活動 | - | -

■ 保育園入園申請について

あと残すところ1回を残して、待機児童対策をテーマに3回のトークを終了しました。
今回で59回目の子育てトークです。

201710恵比寿

初めての保育園申請で子育てトークも初参加、という方もいらっしゃれば、
上のお子さんの時に参加されたという方も久しぶりにご参加くださいました。

過去に保活をされた方がみなさん仰っていたことは、今回の平成30年度の
保育園案内の説明がより詳細になり、記載事項が多くなったこと。

確かに以前は「同一指数となったときに優先順位」は5,6個だったかと思います。
それが今では12項目!
それだけ多くの方が、そしてほぼ同指数の方が申請をするようになったということだと思います。

この子育てトークを始めたころは認可園(区立と私立)と受け皿としては
認証保育所と私立保育室だったのが、今では認可園、認定こども園、
区独自の幼保一元化施設、そして今年は小規模保育施設が新たな事業として
加わりました。

そして受け皿的要素の保育施設では
・保育利用料の軽減制度が受けられる「区立保育室」、「認証保育所」、「私立保育室」
・区の補助を受けて保育料が毎月45,000円の「特別枠認可外保育施設」
・更に今年度から月額40,000円の助成が受けられる「認可外保育施設指導監督基準を
満たしている旨の証明書設置の認可外保育施設」

・こちらも保育利用料の軽減制度が受けられる居宅訪問型保育事業

なぜこんなに色々な手法があるのかと言うと、ここ8年くらい年々待機児童は
増え、
その年の待機児童が待ったなしで解消へとつながるように、その時のタイミングで
マックスでできることに取組んだ結果、こうしたことになったのかと思います。

私立認可園、認定こども園、認証保育所等のリストを最新情報にしました。

2017年10月の待機児童は375人。
歳児別には
0歳児263人
1歳児81人
2歳児24人
3歳児7人
4歳児0人
5歳児0人。

4月の待機児童は266人。
0歳児107人
1歳児117人
2歳児36人
3歳児6人
4歳児0人
5歳児0人

10月の待機児童の数は例年4月よりも多くなります。

子育てトークでみなさんにお伝えしていることは
平成29年4月の認可園の最低指数ボーダーは0歳児は44育休、1歳児は44受託。
園によってはこのボーダー以上の指数のところもあります。

来年度は新たに7園新設されます。
872名の増とのことですので、少しでも待機児童の減へとつながればと祈っています。

しかし、7園増といっても厳しいのは変わらず。
毎日通える範囲でできるだけ多くの認可園、保育室をお申込みされることを
おススメいたしします。
そして受け皿的要素の施設についても検討されること。

育休をしっかり取りたいという方もいらっしゃいます。
育休をしっかりとって保育園入園を希望される方の受け皿やフリーランスで
お仕事をされている方たちの受け皿についても検討が必要かと感じています。

子育てトークではみなさんと「保育園入園のご案内」の内容を確認しながら、
みなさんへお伝えできる限りの情報をお伝えさせていただいています。

今回子育てトークに参加された方からは

「大変有意義な時間でした。保育制度を概観しつつ、具体的な内容を伺えてよかったです」
「リアルな情報をありがとうございました」
「大変参考になりました」
「ポイント制度も多様な働き方にも目を向けて改善していただきたいです」
「読んでもわからない点もすっきりし、とてもためになりました」

などご感想をいただいています。
また参加者みなさんが子育てトークでお知り合いになってその後も
交流されているということも伺います。
地域別に行っているので、お住いの地域で同じくらいの歳のお子さんたちと
知り合いになれるというのも子育てトークの良さだと思っております。
これからご出産予定の方も子育てトークで知り合ったお母さまたちから
色々とアドバイスをいただいて、とても助かりました、ということを
仰っていました。

子育てトークでみなさんが少しでも役立つ情報を入手してくださった、
ここがきっかけでみなさんの子育てがより楽しくなればうれしい限りです。

今回の待機児童対策をテーマでの開催は11月10日(金)10:30 - 12:00。
笹塚区民会館です。
まだご参加をご希望の方はお申込みできます。

詳細、お申込みはこちらから。

千千駄ヶ谷
子育て・教育 | - | -
1/1