岡田マリ official blog

■ 第27回目の地域行事「ふれあい広場」

月曜日、ほのかな筋肉痛で目が覚めました。
前日のふれあい広場の片付けからくるものかしらね…。

日曜日、毎年恒例の恵比寿地区のイベント
「第27回ふれあい広場」地域の子どもたち・青少年のためのイベントが
鉢山中学校で開催されました。

たくさんの子どものたちと家族、地域のみなさんが訪れ、たくさんの笑顔があふれました。

今年もトリオとバンゲリングベイ恵比寿のみんなとステージで参加。
trio

ステージ以外の時間は本部で焼きそば売り。
(お買い上げいただいたみなさま、ありがとございました)

「ふれあい広場」のすごいところはこのイベントに関わる団体が実行委員会
に参加し、
みんなで準備から片付けまで一緒にやること。

今年の設営時はあいにくの雨でしたが、ドロドロになってステージやテントの
設置、片付け時には机や椅子やステージの板、テントなどを運ぶのはもちろん、
雑巾で1つ1つ拭いて、元あったところ、お借りした学校関係にお返しする、
トイレや校庭などもお借りする前以上にピカピカにしてお返しすると言う徹底ぶり。

参加団体は学校関係、地域の子育て関係、高齢者施設、町会関係、消防、警察等々、
いつもはなかなか一緒に何かをすることはない面々が、みんなで協力してこのイベントを成し遂げます。

27回分の経験から指示も動きもスピーディ。
イベント終了後から約1時間半後には元の鉢山中学校に戻ってました。
after

すごいところはこれ全部ボランティア。
だからこそ得られる気持ちの良い達成感。
みなさま、今年もおつかれさまでした。
恵比寿エリア | - | -

■ 母の日を前にぜひ観ていただきたい写真展

「母の日〜I’m a mother of a child with down syndrome〜 ダウン症のある子どをもつ母親とその子ども」の写真展が表参道駅で開催されています。

omotesando

わが子がダウン症で生まれてからこれまでどれだけのご苦労、発見、喜びが
あったことか…。
母の優しさと強さと美しさ、子どもたちの表情は今にも動き出しそうなくらい自然体の美しさ。
一人一人に寄り添った一枚一枚は母と子の成長の証。

場所は表参道駅コンコース、青山学院・骨董通りのあるB1出口付近。
5/8から5/14まで。

この写真展はNPO団体アクセプションズとフォトグラファーの宮本直孝氏の共同企画。

子を想う母の気持ちを改めて考えさせられました。
写真展を後にして歩きながら母がとても愛しくなりました。
お知らせ | - | -

■ 「東京レインボープライド2017」

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしたか?
東京はお天気に恵まれ気持ちの良い連休でした

代官山では春花祭、代々木公園では「東京レインボープライド」、
スパイラルホールでは150組の若手クリエーターの作品が展示される
「スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル」が開催され
行ってきました。

「東京レインボープライド」は2013年から毎年会場の代々木公園に友人たちと
訪れています。
年々大きくなっているのを感じますが、今年は本当に多くの企業、団体が
参加していました。
協力企業
これまでは外資系企業のテントが多かったのですが、日本の企業も
少しずつ増えてきました。
金融、IT、航空、携帯、不動産、百貨店、化粧品と様々な分野に
広がっているのはうれしいですね。

ステージではダンスや歌やパネルディスカッションなど充実の内容でした。

大きなレインボーのハチ公もどーーーんと会場のセンターでお出迎え。

渋谷区テント
渋谷区のテントも今年から参加、受付のすぐ前にありました!

テントもカラフルになって、たくさん並んでいました。
新緑にレインボーカラーが良く映えます。

パレード
今年はパレードに参加する時間が無かったので、歩道橋から応援。

初めてパレードに参加した当時は、マスクやバンダナを顔に巻いている人も多く、
参加者の表情もちょっぴり硬かった記憶があります。

今年はみんなが笑顔で自然体、歩道橋から手を振ると、はじけるような笑顔で手を振り返してくれました。
そんなみんなの笑顔を見てたらうれしくて泣きそうになりました。

見ている人たちをもハッピーにする、最高のパレードでした。

今年は「Ally(アライ)」をテーマにする企業もあり、テントでもパレードでも
「アライ」をの単語を多く目にしました。

ここまでのイベントになるには多くのご苦労があろうかと思います。
これからもこのイベントが大きな勇気と幸せとやさしさを紡ぎ出しますように。
お知らせ | - | -
1/1