岡田マリ official blog

■ 全ての個性にハッピーを!

発達障害の子どものための放課後デイサービス「エジソン放課後・高津」 に行って来ました。

集合写真

昨年の夏にも同じ系列が運営している「アインシュタイン放課後・宮前平」に
おじゃましました。

代表は佐藤典雅さん、福祉業界出身ではなく、IT企業、ファッションイベント
プロデューサーとして活躍されてたのですが、自閉症の息子さんのために
ロスアンジェルスに家族で引っ越し、米国で療育を受け、9年後に日本に
帰国した経歴の方です。

その経験から、日本では自閉症向けの受け皿が限られていると実感、それから
佐藤さんは息子さんのために最良の教室を創ってしまおうと奮起して創ったのが、
約1年半前に設立された「アインシュタイン放課後・宮前平」、そして「エジソン放課後・高津」です。

さらに佐藤さんはこの度
「療育なんかいらない! - 発達障害のキッズの子育ては、周りがあわせたほうがうまくいく」
と言うタイトルの本を出版されました。

私はこれまで自閉症の子どもたちと会う機会がありましたが、どう対応するのがいいのか、
戸惑いがあることもありました。
でもこの佐藤さんの本を読んで、これまでの私の中の何かモヤっとした霞が晴れたような気がしました。

さっそく、私が健康維持のために通っているキックボクシングジム代表の新田明臣さんたちと、「エジソン放課後」に行ってきました。
本を持つ新田さん

とあるビルのワンフロア、中に入ると各部屋はビビットな色、洒落た照明、
思わず座りたくなる大きなソファ、楽しそうなトランポリン、パソコンルームは
床に座ってリラックスできるスペース、大きい作業テーブル、キッチン&ダイニング、
押入れの中も思わず入りたくなってしまうカラフルな色…と、
居心地の良さそうな空間が広がっていました。
アインシュタイン

カラフルな押入れは不思議な空間。
撮影場所は

新田さんはVR(仮想現実)の機械に興味津々。
大人も夢中

しばらくすると子どもたちが到着。
おもいおもいにパソコンルームで集中している子、ダンボールに絵を書いている子、
トランポリンではねている子、とそれぞれお気に入りの場所で
過ごしはじめました。
パソコンルームで新田さんと

そう、ここは自閉症キッズがありのままですごせる「居場所」。

こちらの男の子はダンボールで「カモ」作り。
かもを作っています

その瞬時のひらめきと集中力でみるみるうちにダンボールが水辺に浮かぶカモ
に変わっていきました。
かもを作ったよ

そして誕生日会ではみんなでお祝い!
誕生日

「エジソン・高津」ではみんなが興味のあることを自由に黙々と取組む姿がありました。
そして何よりも施設自体がとってもリラックスできる空間。
初めて訪れた私たちも自分のおうちに帰って来たかのようにホッとできる空間。
これまでに見たことのない福祉の施設。

代表の佐藤さんは自閉症の子どもたちの特性を見抜き、未来を切りひらくプロデューサー、子どもが自分たちの感情を表現したり引き出すことのできるプログラムを用意、
自閉症キッズが自分自身でいられる環境を創っています。

代表の佐藤さんは本の中で

「多動症は注意欠陥ではなく注意過剰症でいっぺんに複数の物事に注意がいくから落ち着かない、つまりは情報処理が早い天才肌」と述べられています。
たしかにここにいる子どもたちは私たち来訪者に興味深そうに一瞬すっとやって来てはくれますが、目を合わせたりはしません。ですがそのような中で実は瞬時に多くのことを理解しているのかもしれません。
「なるほどなあ」と思えてきました。

のりさんと

佐藤さんは通っている子どもたちだけでなく、親御さんたちにも大きなサポートをしています。

「自閉症の子は、自分のことを可哀想だなんて、1ミリも思ってはいませんよ!」だって生まれた時から、自閉症としての感覚が普通だから。
自閉症の子育ては大変だけど、だからと言って不幸なわけではない。
お子さんの障害は親のせいではない。
子育ての本質を楽しむこと、お母さんはきれいであること、子どもはだれだってキレイなお母さんが好きに決まっている!と力強く主張されています。

佐藤さんにはこの先自閉症キッズの老後まで生涯のケアができるインフラを用意したい、というビジョンがあります。
そして自閉症に対する味方をもっと増やていきたい、との思いがあります。

佐藤さんの取組みは自閉症の子どもたちの未来を大きく変えそうです。
思い悩む親御さんにとっても大きな安心感へとつながります。

「全ての個性にハッピーを!」佐藤さんの思い、ブログ、そして「療育なんかいらない」
をぜひ読んでいただきたいです。

*私は療育がいらない、という意見には全面的な賛成はしかねると思っています。発達障害の子どもたちの中には療育を受けたほうが好ましい子どもたちもいるのではと思っているからです。
ただ、この本の中には自閉症キッズのことを知ってみようというヒントや全ての子育て中の親御さんにも伝えたいメッセージが散りばめられており、ぜひ皆さまに読んでいただきたいと思って紹介させていただきました。
子育て・教育 | - | -

■ [LGBTコミュニティスペース」キックオフトークイベントに参加しました

渋谷区LGBTコミュニティスペースのキックオフイベントが
渋谷男女平等・ダイバーシティセンター「アイリス」で開催されました。

長谷部健区長の挨拶から始まり、前半は杉山文野さんの進行で
LGBTパートナーシップ証明書発行を含む「渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」
の制定に係られたみなさんからのお話を伺いました。

改めて条例の制定から1年半、証明書発行から1年、多くの人たちが
イベントに参加して下さり、係ってくださったみなさんの姿を見て、
そしてお話を伺い、様々なことを思い出し、本当に感慨深かったです。

パートナーシップ証明書第一号の増原さんと東さんもいらしていました。
1103コミュニティスペース

そして後半は「LGBTコミュニティスペースのこれから」について。
世界のLGBTコミュニティスペースについての報告の後、パネルディスカッション。
パネルディスカッションはNPO法人ReBitの若手のメンバーがそれぞれの思いを述べてくれました。
パネルディスカッションの内容はこれから先がわくわくするような未来が見えた素敵な時間でした。

この日は「渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」が
わかりやすい言葉でまとめられた冊子と「レインボー・アイリス」の発表も
ありました。

虹色

これからスタートする「渋谷区LGBTコミュニティスペース」、楽しみですね。
活動 | - | -

■ 子育てトーク、平成29年4月渋谷区保育園について・保活について

渋谷区では10月24日から11月30日まで平成29年度の保育園入園申請時期。

今年も子育てトークを開催し、最新の待機児童対策について、保育園申請について、
開設予定の保育施設などをみなさまにご報告をさせていただいています。

恵比寿子育てトーク

来年度は新設園の開設予定はあるものの、一気に待機児童がゼロになるのは
難しいと思われます。

やはり保育室の申請も含めてみなさんにはお話をさせていただいています。

すでに笹塚、初台、恵比寿で終了し、たくさんの貴重なご意見もいただきました。
逆に教えていただくこともあるくらい、参加者のみなさんもよく調べてられてて、
みなさんとの意見交換もとても大事にしています。

子育てトークは何回も参加下さっている方々もいて、
お子さんの成長はもちろん、会うたびに母親らしく凛とされるみなさんに
お会いできるのも私にとってはとてもうれしい時間です。

このテーマで開催した子育てトークにご参加いただいた方の感想をご紹介いたしますね
(HPでの紹介を了承いただいています)。

・直近の現状を知ることができ、大変参考になりました。
保活だけでなく小学校の情報も聴けて、中長期的な子育て像を描こうと思いました。
ありがとうございました。
東在住Iさん

・こどもたちも遊びながらほのぼのした空間でお話がきけて楽しかったです。
新しい情報も色々と聞けて助かりました。また参加したいです。
恵比寿在住Yさん

・保育園情報については区の熱意が伝わってきました。
区議会の方とお話できる機会は少ないので、会って最新情報を聞けるのは
良いことだと思います。
また参加したいです。
幡ヶ谷在住Tさん

・保育園の情報がきけてよかったです。
これからも色々な情報提供をお待ちしています。
本町在住 Kさん

20161030子育てトーク保活親業-1

20161030子育てトーク保活親業ベビーコーナー
区民会館で開催した時のキッズコーナーです。

子育てトーク恵比寿-1
こちらは恵比寿会場。

このテーマでの子育てトークはあと11月6日です。

まだ若干参加者を受付けています。
詳細・お申込みはこちらから。
子育て・教育 | - | -

■ 子育てトーク「親と子、パートナーとのコミュニケーション」

10月の日曜日、ゲストをお迎えして、
「イライラしないで子育てしたい!親と子、パートナーとのコミュニケーション」
というテーマで子育てトークを開催しました。
前半は親業のお話、後半は待機児童対策について聞いていただきました。

20161030子育てトーク保活親業-2

日曜日の午後ということもあり、ご主人の参加もあり、キッズコーナーでは
たくさんのおもちゃに子どもたちは夢中になって遊んでいました。

20161030子育てトーク保活親業ベビーコーナー

子育てがはじまり、お子さんが成長するにつれて、我が子への伝え方や
パートナー(ご主人)への伝え方などがどうしても命令調になってしまい、
それが中々子どもへの行動につながらず、悩まれている方が多かったようです。

「親業、とても勉強になりました。
子どもにも自分の気持ちを伝えると伝わるということがわかりました。」
(ブログでの公開を了承済み)
というご感想などいただきました。

子どもが生まれると保健所でパパママ入門学級はあるけれど
親としてどうすればよいのか、どう子どもに接すればよいのかは
どこで学ぶということもなく、不安を抱く親御さんが多い中
こうしたお話はとても参考になるとのこと。

こうした取組みも必要性を感じました。

また子育てトークで取り上げたいと思います。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
子育て・教育 | - | -

■ 子育てトーク 防災ワークショップを開催しました

子育てトーク防災特集、ママのための防災ワークショップ
を開催しました。

東日本大震災で避難所生活を体験したママたちの経験をもとに
母としてわが子を守るためには普段から何をしたら良いか、という
ヒントがたくさん詰まっているワークショップ。

風邪が流行っているんですね、前日にお休みの連絡が相次ぎ、
小さな会となりましたが、気軽に質問やご意見をいただき、
和やかな子育てトークとなりました。

頭をかくして、机の下に入るをリズミカルに繰り返し、普段から
お子さんと訓練するというアイデア。
防災ワークショップ体操

そして3人のお子さんを育てているママスタッフさんが電車に乗って
持ってきてくれた防災リュック。
実際に背負わせてもらうと背中にずしっときます。
これを背負って、子どもを抱えてお姉ちゃんの手をひいて…
とシュミレーション。
防災リュック

こちらはママの知恵が詰まった防災リュックの中身。
近くのショップで購入できるものばかりですが、実は一つ一つ意味があって
揃えています。
お子さん用のリュックの中身についてもみなさん熱心に聞いていました。
防災リュック中身

スーパーやコンビニの袋とタオルを使った簡易のオムツの作り方も教えてもらいました。
防災ワークショップ簡易オムツの作り方

防災ワークショップ簡易オムツの作り方完成

渋谷区の防災対策についてお話をさせていただきました。
やはりみなさん気になるのは一時集合場所、避難所情報でした。
お手伝いいただいた小・中学生のお母さまたちからも5年前の
東日本大震災時の小学校での様子などを聞かせていただきました。
防災ワークショップ渋谷区のお話

今回のワークショップは松田陽子さんとママたちが駆けつけてくれました。
防災ワークショップ

ご参加くださったみなさま、松田陽子さん、お手伝いいただいたみなさま、
お忙しい中、ありがとうございました。
子育て・教育 | - | -
1/1