岡田マリ official blog

■ コミュニティセンターAKTAに行ってきました

今年話題になっているパートナシップのための制度について、世田谷区でも
「パートナーシップ宣誓書」という動きが出てきましたね。

渋谷区も今年4月に無事に条例が制定され、証明書の発行・運用に向けて
現在動いています。

世田谷区の方式は渋谷区とは異なる方式ですが、同じ理想を実現するための
制度が他からも出てくると励みになっていいですね。
いつの日か、国の制度として制定されれば、渋谷区などのこういう
独自の制度は不要になると思いますが、それまでは試行錯誤、より良い制度・
運用になるよう、引き続きがんばっていきますよ。

そんな中、先日、新宿2丁目にあるHIV/エイズをはじめとしたセクシャルヘルスの
情報センターAKTAに伺い、センター長の荒木さんにお話を伺ってきました。
同じ総務委員会で、パートナーシップ証明書を含む条例について尽力されている
栗谷順彦区議が調整して下さり、区議数名で行ってきました。

Acta

電通による最近の調査では、全人口のうちLGBT層に該当する人は7.6%という
結果でした。
AKTAは厚生労働省委託事業で男性同性愛者等を対象に、HIV感染予防の啓発普及
とHIV抗体検査の啓発普及の促進を目的として2003年から活動をしている団体です。

新宿2丁目のメインストリート仲通りを入った路地にある雑居ビルの3F。
室内は日差しがたっぷり、カラフルな家具が設置されたコージーな空間が広がっていました。

室内の様子はこちらのAKTAのホームページをご覧ください。

新宿二丁目の公民館的役割でもあるAKTAはHIV/AIDSについて知ってもらうために
検査に関する情報、相談窓口の紹介や、家族や陽性者の支えになるような
陽性者自身の手記などの閲覧ができます。

社会的にこの病気の置かれている位置づけを考えると、こうした場所は
当事者だけでなく、ご家族にとっても貴重な場所ですよね。

その他”Deliverty Boy's”という名称で、毎週金曜日にコンドームや印刷物を
新宿二丁目のバーやクラブに配布するボランティア活動もされているそうです。

印刷物もたくさんあります。

Acta資料
”Living with HIV”ではHIV陽性者、パートナー、ご家族、友人、同僚からの
体験談が綴られていて、その手記を拝読しましたが、いろいろ考えさせられ勉強になりました。

荒木さんからもお話を伺い、感じたことがたくさんありましたが、
特に考えさせれたことは性教育の重要さです。

多様な社会になりつつある現在、性教育の中で「コンドーム」についての
正しい情報を伝えるということもこれからは取り組まなければいけないんじゃないかなって思います。

私が性教育を受けた時は「避妊」についての話が中心になってしまっていたけれど、
LGBTに関することも含め、避妊の役割だけではないコンドームの持つ重要な
役割など、性教育で多角的に正しく伝えていくことが重要だと感じました。

正しい知識を得ることによってHIVの感染は防ぐことができます。
これからは性教育についても色々と検討すべき点があるかと思いました。

引き続き、私自身が勉強していくことを決意するとともに、地道な活動を
続けておられるAKTAさんに深い敬意を捧げたいと思います。
活動 | - | -

■ テーマは”ステップファミリー”、子育てトーク終了しました

区内では地域の夏祭りや盆踊りが続いておりますがいかがお過ごしですか?

今日は第34回子育てトークのご報告です。
この会はランチ交流も兼ねての子育てトークを企画しました。
今回はシングルマザーコメンテーター・家族問題カウンセラーとして活躍の
新川てるえさんをお招きして、ひとり親とステップファミリーの
みなさんとの子育てトーク兼ランチ交流会でした。

事前に予約をいただいていたのですが、お子さんの急な発熱や体調不良等で
キャンセルが相次ぎ、少人数でじっくりお話の子育てトーク、ランチ交流会となり、
色々な課題が見えてきた充実の子育てトークとなりました。

この日は主に”ステップファミリー”をテーマにみなさんと意見交換しました。

”ステップファミリー”とは離別や死別後に子連れで再婚し、形成された家族のこと。

因みに厚労省の人口動態統計年報の平成22年の結婚総数のうち再婚の割合は25.6%、
つまり4組に一組が再婚家庭ということになります。

「結婚して夫と夫の連れ子と3人で住んでいます」
「離婚した夫との間の子と、新しい主人の子どもと4人家族です」
というご家族、みなさんの周りにもいませんか?

ステップファミリーは親も子も実はそれぞれに悩みがあるそうです。

例えば

予防接種に行って、母子手帳を開くとこれまで受けた記録が無く、
「お母さん、今までなんで接種させてなかったんですか?」
とお医者さん聞かれる時に
「私、継母なんです。前の母親が…」
というやりとりの気まずさ…。

学校や幼稚園等で
「お子さんはパパ似?ママとあまり似てないわね」
と言われて連れ子だと伝えると相手に申し訳なさそうに謝られたり…。

自分の子どもは文句なくかわいいけれど、実際連れ子を全く同じように
かわいいと感じられない。
私は母親として失格?
でもそんなことを夫に相談したら嫌われるんじゃないかしら…。
という悩みもつきません。

そこで保育園や幼稚園で子どもとの関係を相談すると
「お母さん、とにかく○○ちゃんを抱きしめてあげてください、やさしくしてあげてください」
というアドバイスが返ってくる。
実際自分が愛している夫と別の女性の間にできた子どもを100パーセント愛することは難しいこともあるそうです。
お子さんが小学校、中学校と年齢があがるにつれ、こうした悩みは大きくなるそうです。
自分の子どもでも思春期は難しいですよね…。

他にもそれまでシングルでバリバリ仕事をしていたのに、いきなり妻と母となり、
洗濯や食事、朝のお弁当など家事に追われて、ストレスがたまり、相談しても
「最初からわかって結婚したんだから…」で済まされて行き場がない人もいます。

なるほどなぁ…。
あまり深く考えずに上記のように対応している人たちのこともわかる気がするけれど、まず、こうしたステップファミリー特有の悩みはどこで相談できるのか、
幼稚園や保育施設、小中学校など教育現場での対応についても今後調べていきたいところです。

今や家族も多様化している時代、ひとり親については支援や相談も充実してきました。
これからはステップファミリーの対応についても課題として取組んでいく必要があると感じさせられた貴重な子育てトークとなりました。

最後に皆さんが仰っていたのは「ステップファミリーは不幸なファミリーでは無い!」ということ。
ステップファミリーだからと言って気を遣うという言うのではなく、普通に接してほしいということでした。
これもぜひ知っておく必要がありますね。

新川さん、そしてご参加いただいたみなさま、そして美味しいランチを出してくださった「めぐたま」さんありがとうございました。

M-STEPテキスト
写真は新川てるえさんが理事長を務めるNPO法人M-STEPが発行している「子連れ再婚(ステップファミリー)支援者向け養成講座テキスト」。

ステップファミリーの基礎知識、ステップファミリーFAQ、当事者の声などがまとめられています。
M-STEPテキスト?
テキストについてのお問合せはこちらをご覧ください。

現在M-STEPでは再婚家庭の親へのアンケート、再婚家庭の子どもへのアンケートを実施しています。
こちらもぜひご協力ください。

連日猛暑が続いております。
熱中症対策には水分そして塩分をしっかりとって、不調を感じたらとにかく
体を冷やすことが大事だそうです。
お気を付けてお過ごしください。
子育て・教育 | - | -
1/1