岡田マリ official blog

■ 学校公開に行ってきました

先日明治神宮に菖蒲を見に行ってきました。
今年も美しく菖蒲が咲いていました。
syoubu

さて、子育てトークにご参加される親御さんから小学校の「学校選びのコツ」
について質問されることがあります。

なるべくお子さんと学校に行かれて実際に見ることをおススメしています。

運動会では未就学児の競技もあるのでぜひ参加してみてくださいね。
学校によっては夏のラジオ体操の会場となっているところもあり、
地域と学校の関係がわかります。

そして「学校公開日」もおススメです。

先週は加計塚小学校公開授業、公開道徳講演会に行ってきました。

この日は授業参観日形式で、各クラスの授業の様子、廊下には子どもたちの
絵などの作品、休み時間の過ごし方などを見ることができました。

そして保護者向けに「おはなしカメさん」のお二人の講演会もありました。
2001年から子どもたちに昔話や手遊びを伝えている「おはなしカメさん」。
お二人から昔話や子どもたちのことを伺いました。
昔話では大人もすっかり引き込まれました。
子どもたちは心が豊かになる大切な時間を学校でも育んでいました。

学校公開日の内容は様々ですが、授業参観形式やイベント型もあります。

今日は臨川小学校と広尾小学校の学校公開日でした。

臨川小学校の公開授業は「臨川こどもフェスタ」。
2年生〜6年生、そしてつくし学級の各学級でお店を作り、臨川幼稚園の園児や
一年生をはじめとするとお客さんがいらしてくれるよう工夫するというもの。

ポスターもみんな一生懸命作成しました。
rinnsen

2年生の「わなGET」、3年生の「ストラックアウト ワケーポッターと不死鳥の22人」など
店名もユニークですね。
なるべくゴミを出さないようにとスタンプカードを作成して一枚のカードで
みんながまわれるように工夫をしたそうです。

聖心女子大学の生徒さんたちも”エコ”をテーマに出店。

それぞれのクラスのチームワークで各店賑わっていました。

そして広尾小学校では「人権メッセージ発表会」がありました。

1年生から6年生までそれぞれ発表をしました。

1年生はまだ入学して2か月半ですが、アサガオやアゲハが蝶々になるまで
育てることで学んだ「いのち」の大切さを発表。

2年生は学校を出て、恵比寿の街を探検することによって改めて気づく
点字ブロックや歩道橋の手すり、地図、街路灯があることによって
支えられているということの気づきを発表しました。

他にもブラインドサッカーのコーチから教えていただいたこと、
アイマスクをしてブラインドを体験して学んだこと、
車いすバスケットボール日本代表選手のインタビューを通して学んだことなど
各学年の発表は非常に興味のあるものでした。

他の学年が発表しているのを全学年で静かに聞いていた姿も印象に残りました。

各学校の公開授業で私も子どもたちから学ぶことがありました。
子育て・教育 | - | -

■ 平成27年渋谷区ポンプ操法大会、今年も熱かった

6月7日、渋谷区西原の東京消防庁消防学校にて渋谷区ポンプ操法大会がありました。

渋谷区内には出張所単位で消防団があります。
つまり11地区、11分団の消防団が渋谷区には存在します。
そして年に一度、5人の選手によって消火活動を行うために消防ポンプやホースを使い、
規律とタイムを競う大会、「ポンプ操法大会」があります。

各地区の消防団対抗ということもあり、ご家族や各地域の関係者も
応援に来てくれて賑やかに開催されるようになってきました。

消防団員は午前中から準備等で会場に集まります。

大会当日
私は2年前選手で優勝してからは若手にバトンタッチ、
今年は指導と大会当日は受付を担当しました。

こちらは予行練習。
集合

そしていよいよ各分団の操法大会スタート。
本番前

写真はホース1本を増加して標的に放水した最後のシーン。
本番中
規律やタイム、そして流れるような線を描くホースに注目です。

応援団
白いテントにはたくさんの応援団が。声援もしっかり聞こえます。

そして今年の結果は

1位:第3分団(新橋地区)
2位:第4分団(恵比寿地区)
3位:第7分団(本町地区)

となりました。
優勝した第3分団は同じ会派の薬丸議員の娘さん姉妹が選手として出場。
見事な規律、そしてタイムで優勝しました。
おめでとうございます!!

ちなみに私の所属する第4分団は準優勝という結果でした。

とにかく全11分団が力を出し切った今年の大会でした。
みなさまおつかれさまでした。

この操法大会に向けて各分団、2,3カ月かけて訓練をしてまとめていきます。
私の所属する第4分団は小学校の校庭をお借りして、仕事の後の夕刻から訓練に励みました。
猿楽訓練

日曜日の午前中は道路許可をとって線路脇でも訓練を重ねました。
線路沿い

選手は5人ですが、指導者だけでなく、水槽に水を溜める準備などの
セッティングから始まり、訓練中や終了後のホース巻き、
訓練終了後は使わせていただいている校庭の整備、
道路での訓練では通行者への交通整理等、サポート部隊も大切な存在です。

まるで短期間の大人の部活動、こうして団の結束も強くなります。
そしてこうした訓練でのホース巻きや交通整理等が実際の火災現場で役立ちます。

今年も無事に終了しました。

みなさん、おつかれさまでした。
そして訓練場所近隣のみなさんのご理解、応援いただいたみなさんに
心から感謝申し上げます。
消防団 | - | -
1/1