岡田マリ official blog

■ ファミリー・サポートサービスがご紹介されました

区内お住いで女性誌の編集に携わってらっしゃるお母さまが「ゆうゆう」という
雑紙の中で渋谷区ファミリー・サポート・センターのサポート会員さんをご紹介をしてくださいました。

ゆうゆう 表紙

「ゆうゆう」は50才からの人生を輝いて生きたい!すべての女性のための
読み物たっぷりマガジンです。

ここでファミリー・サポートについて。
渋谷区ファミリー・サポート・センター、子育てを助けてあげたい「サポート会員」と子育ての援助を受けたい「ファミリー会員」が、登録後に面談をしてサポートが開始されるというシステムです。
私のまわりにも何人かサポート会員さんとしてお子さんをみてくださっている
ベテランお母さん、そしてサポート会員さんのサポートによって、
とっても助かっているファミリー会員の親御さんがいらっしゃいます。

そんな中、今回紹介されいている記事はイキイキとお子さんと
過ごされる70代のサポート会員さんMさんが取材されています。

ゆうゆう (1)

Mさんは70歳で始めたサポート活動だそうですが、日々充実されている様子で
未来ある子どもたちから希望や感動、お子さんと一緒に遊んだり笑ったりと
得難い経験をされているそうです。
保育、おもちゃ、食事にもこだわってられて、丸4年で約50ファミリーの
お子さんを預かられているそうです。

渋谷区内で子育てをしている親御さんの大半は実家が遠く、ご両親に
子育てを頼れないという方がほとんどです。
日中お仕事をしているとご近所づきあいも薄く、どうしても孤立してしまいがちです。
そんな中、地域のベテランおかあさんとの交流は精神面からもどれだけ
助かることか…。
しかし、子育てしながら助けてほしい「サポート会員」さんの登録に比べて
「サポート」会員さんの登録数がまだまだ足りないというのが大きな課題です。

そんな中、こうしてサポート会員さんを雑誌で紹介することで
少しでもサポート会委員さんが増えて、子育ての支援の輪が広がれば、
というすてきな取組みです。

このページの最後はこう終わっています。
「自分が子育て支援することに意義があり、努力が報われ、預けるほうも
預かるほうも幸せになるー。
そんな好循環を生む活動には、70歳からでも出会うことができる。」

シニアの方にとっても歳を重ねても生きがいがあるということは
素晴らしいこと。
区内のベテランお母様がひとりでも多く、サポート会員さんにご興味
をもっていただき登録、そして子育てサポートへとつながりますように。

ご紹介いただきありがとうございました。
子育て・教育 | - | -

■ はぁとぴあ百貨店- 作品展に行ってきました

渋谷区障害者福祉センター「はぁとぴあ原宿」第5回作品展に行ってきました。

毎年楽しみにしている作品展、今年は「百貨店」というタイトルでワクワク感いっぱいです。

あい染め作品、和紙作品、織物、絵など今年も心があったかくなるステキな作品がたくさんです。

開催期間:3月20日(金曜日)〜24日(火曜日)10時〜17時(24日は14時まで)

場所:文化総合センター大和田2階ギャラリー大和田

文化総合センター大和田のギャラリーはそれは素敵な世界が広がっていました。

はぁとぴあ百貨店 (7)
藍染作品です。
ユーモラスな作品、ひとつひとつの表情がとても暖かくてネーミングにも注目!

はぁとぴあ百貨店 (5)
紙工房。
バックに広がるのは乗り物の「バス」、たくさん描かれていて
細かい描写にじっと見入ってしまいます。
「紙」で表現した12カ月も四角い空間に素敵な四季折々が感じられます。

はぁとぴあ百貨店 (4)
何とも言えない表情、こちらのシリーズも毎回楽しみの作品です。

はぁとぴあ百貨店 (6)
こちらは「織り」作品。
きれいな色の作品が並びます。

はぁとぴあ百貨店 (3)
いつまでも眺めていたい藍染作品。

今年はどんな障がいのある人がどのようにはぁとぴあで過ごしているのか、
そしてどのような作品をつくっているか説明しているコーナーもあり、
更に「はぁとぴあ」の皆さんを身近で感じることができますよ。

作品を購入することもできるんです。
はぁとぴあ百貨店 (1)

今年はランチョンマットを購入。
はぁとぴあ百貨店 ランチョンマット
仕事場でみんなで使います。
いつものお弁当が更においしくなりそうで、今から楽しみです!

ぜひみなさまもお立ち寄りくださいね!
活動 | - | -

■ フリーランスママたちとの座談会

先日、岡田マリのハッピー子育てトークを代々木で開催しました。
33回目となる子育てトーク、「フリーランスママたちとの座談会」スペシャル
でした。

この日はたくさんのママとお子さんご参加下さいました。
質疑応答でも活発に質問をいただきました。

all

前半は渋谷区の子育て支援最新情報をお話しました。
前回に引き続き今回も認可園に入れなかったというママたちがたくさんいらして
今年の認可園入園の厳しさを改めて認識しました。
子育てトーク

そして後半はフリーランスとしてクリエイティブなお仕事をしている総合制作チーム
クリエイティブマムズリンクのママたち3名からお話を伺いました。
子育てとお仕事の両立、パパのこと、家事のことなどお話を伺いました。

クリエイティブマムズリンクさんはこどものお出かけをタバコの煙から守る
「親子あんしんレストランマップ(渋谷版)」を作成しています。
ママの目線で徹底調査をしていて、お子さんと一緒に渋谷に行く際にぜひとも欲しい
お役立ちレストランマップです。
ガイド

下は1歳、上の二人のお子さんは保育園ではなく幼稚園に通っているという3人のママ、
あと数ヶ月で第2子を出産予定のママ、そして最初は2人のお子さんは最初は
認可外保育施設からスタートし、なんとか認可園に入ったというママ、という
みなさんからお話を伺いました。

フリーランスママ

今回、私が彼女たちの仕事の仕方に興味をもったのは、必ずしも近くに住んでいる
仲間ではないということ。
交通機関を利用して、実際に会って仕事をしているのではなく、それぞれが
テレワークを上手に駆使して、SNSなどのツールを使って、離れていながらも
しっかりきっちりお仕事をしているということ。

子育てトークフリーランスママ

お子さんと早めに寝て、夜が明ける前に起きてお仕事をして、決して無駄にしない
時間の使い方、何からなにまで頭が下がります。

全体

参加された方からは

「参加したおかげでこれから育児と職場復帰に関してポジティブになれそうです」

「4月から両立に向けてがんばっていこうと思いました」

「求職中で参加しました。今後の働き方の参考にさせていただきます」

等、お声をいただきました。

参加された多くの方たちがまだ保育園が決まっていないという、例年になく
厳しい状況の中で、少しでも前に進むヒントになればと思っています。

ママの働き方も多様化しています。
今後も様々な立場で子育てとお仕事をがんばっているママたちをお招きして
これからも「子育てトーク 座談会スペシャル」を企画していきたいな、
と思っています。

ご参加くださったママたち、そしてマムズリンクのみなさん、ありがとうございました。
子育て・教育 | - | -
1/1