岡田マリ official blog

■ 第4回定例会、一般質問が無事終了

11月27日より渋谷区議会第4回定例会が始まりました。
本日28日は一般質問で、下記の項目について質問しました。

1 自転車対策について                    
(1)駐輪場対策について
・渋谷駅周辺について
・区内の他の地域について

(2)自転車通行環境について
・通行環境整備の進捗状況及び今後の取組みについて
・ナビマークについて

2 子育て支援・対策について
(1)待機児童対策について    
(2)障害児通所施設の土曜日の開設について    
(3)特別支援教育について                      
・理学療法士(PT)や作業療法士(OT)の設置について   
・特別支援学級の全校配置について

3 まちづくりについて    

ほぼ8割くらいについては良い答弁を引き出すことができました。
次は実現に向けて努めて参ります。

内容についてもみなさまにすぐにお伝えしたいところですが
改めて近々HPにアップしますね。

お楽しみに!
活動 | - | -

■ 障がい者団体運動会とちっちゃいこのためのぽかぽかぷれーぱーく

3連休、いかがお過ごしでしたか?
11月23日は渋谷区障害者団体連合会 の「かがやこう愛と希望の運動会」が
西原のスポーツセンターで開催されました。
今年もお天気に恵まれて多くの参加者で盛り上がりました。

運動会1

最初は笹塚地区の太鼓の演奏でした。
キッと太鼓のバチを構えて生き生きと太鼓を叩くメンバーたち、
毎年見るたびにみんな成長しています。
今年も力強い演奏で競技前のオープニングを大いに盛り上げてくれました。

そしてその後はパン食い競争から競技が始まりました。
今年はクリームとチョコレートのハーフ&ハーフパンをゲット!

ダンスや盆踊りもあったり、みんなそれぞれのペースでたのしく競技が進みます。

小さいお子さんから年配の方も世代を超えて、そしてサポートの民生委員、
スポーツ推進委員、スポーツセンターの職員のみなさんなど
障がい者も協力団体もみんなが笑顔で過ごす運動会、今年も大盛況で
終了しました。
パン杭競争
サポート団体のみなさん、関係者のみなさん、今年もありがとうございました。

そして代々木の渋谷はるのおがわプレーパークでは
「0歳からの外あそび!ちっちゃい子のためのぽかぽかぷれーぱーく」
が開催されました。

落ち葉をたくさんのせた手押し車を押しながら一生懸命歩いてる子、
まったりコーナーのゴザの上でのんびりお昼寝の子、落ち葉がいっぱい
敷きつめられた大きなすべりだいを滑り降りる子、ゲストによるトーク、
ぽかぽか陽射しの中みなさんそれぞれ楽しんでいました。
ちっちゃい子も元気にお外に出て遊ぼうよ!というきっかけ作りの
このイベント、今年もたくさんのちっちゃい子たちが遊びにきたようです。
みなさん、おつかれさまでした。

ぽかぽか

ちっちゃいこ
あれ、写真が横向きでした…。
- | - | -

■ 秋を満喫、恵比寿地区ウォーキング大会

11月16日は恵比寿地区体育会主催の年に一度のウォーキング大会。
毎年、体育会の常任理事のみなさんがコースを研究し、たのしいコースを
選んでくださいます。
今年は猿楽小学校スタート →外苑いちょう並木 絵画館(4km)→ 四谷 → 飯田橋(8km) というコースでした。

この日は体育会のポイント係でお手伝い。
担当は渋谷区のすぐお隣の外苑のいちょう並木でした。
まさに銀杏の葉がグリーンから黄色にかわる頃で美しい景色を満喫しました。

こちらは青山通りから絵画館方面。
walking

walkingkouyou

walking green

 walking sun

国立競技場も見えました。
walking st

神宮外苑を歩いていると他にも「にこにこパーク」
「休日サイクリング」
などこのエリアは親子で訪れるのに盛りだくさんなエリアということを発見。

そしてお昼前には今年も全員が無事にゴール。
小さなお子さんもしっかり歩きました。

ゴールの飯田橋ではクリームパンとバナナとジュースを食べて、今年の
ウォーキング大会は無事終了しました。

終了後はみんなで神楽坂に足を延ばしました。

参加したみなさん、係のみなさんおつかれさまでした。
活動 | - | -

■ 小学校学芸会と恵比寿地区防災訓練

11月15日、朝一で加塚小学校の学芸会へ行ってきました。
一年生の「寿限無」を見させていただきました。
びっくりするほど長〜いセリフに感心し、1年生の元気いっぱいのリアルで、そして時にユーモアあふれた演技に思わず吹き出し、楽しく拝見しました。
会場からは温かい拍手に包まれました。
残念ながら「寿限無」を見て、次に移動。

その後は恵比寿地区の防災訓練て消防団員でお手伝いで。

今年は防災課を中心に警察、消防署、消防団、PTAのみなさんのご協力のもと
開催されました。
町会関係のみなさん、長谷戸小学校、鉢山中学校の子どもたちが参加し、
それぞれグループに分かれて消火訓練、D級ポンプ、スタンドパイプなどの訓練、
起震車やスモークハウスなどを体験、炊き出し訓練などを行いました。

bosaikunren

今回はD級ポンプの担当。
3人一組で今年は小学生5、6年生、そして中学生、町会のみなさんも使い方を体験しました。

恵比寿仲間のSさん、D級ポンプの筒先を持って放水に挑戦。
この時は私も説明しながら筒先補助に入りました。
D級ポンプ1

そして…

火点が倒れる瞬間! Sさんの筒先の構え、キマッテます!
D級ポンプ2

と、みなさん、D級ポンプでは筒先を持っての放水訓練などを体験していただきました。

お昼前に消防訓練は閉会式、その後の片付けもきっちり行い、秋晴れの下、
今年の訓練は無事終了しました。

みなさまおつかれさまでした。
活動 | - | -

■ 子育てトークを終えて - 来年度の保育園入園申請をするみなさんへ

11月7日、9日と代官山と恵比寿で「ハッピー渋谷区子育てトーク」を開催しました。
今回は平成27年度の保育園入園申請にあたり、みなさんに保育施設の最新情報や
これまで渋谷区における保活についてのお話をさせていただきました。

すでに待機児童になってるという方、
近隣区から渋谷区に引っ越し予定で参加された方、
すでに上のお兄ちゃん、お姉ちゃんが認可保育園に通園していて
第二子の保育園入園についての情報をということで参加された方、
第一子で0歳児、1歳児、そして育休を利用されて2歳児で申請、
と、みなさん様々な立場で「保育園入園を」という思いは切実です。

写真は「平成27年度 保育園入園のご案内」と私が作成した
「岡田マリ的渋谷区子育てガイド 保育園・幼稚園編です。
みなさんにはとにかくこの「平成27年度 保育園入園のご案内」を
よく読むようにお伝えしました。
今年の「入園のご案内」は丁寧にわかりやすく説明されています。
私がこれまで子育てトークでみなさんに説明していたことなども
よく書かれていますよ。

入園のご案内

渋谷区のHPからダウンロードも可能です。
基本のご案内書類一式はお近くの保育園や保健所でも配布しています。
まずはこの一式を入試して、さらに必要な書類はダウンロードがよいかと思います。

子育てトーク当日、体調不良やお子さんの発熱などでお休みされた方もいらしたので
お話したポイントを参考までにご紹介します。

まず、「ご案内」にも記載されていますが、渋谷区の保育園入園は
全て指数の高い人から決まります。

「議員さんに頼んだら入れるんですか?」
「抽選ですか?」
等の質問をいただくことがありますが、そんなことはありません!

すべて指数の高い人順となります。

指数順ですが申請書には
「通える範囲でできるだけたくさん、入りたい順番に記入しましょう」

「支給認定申請兼保育所・幼保一元化施設利用申込書(←長い!)」には
利用を希望する保育所等の名称は第4希望までしか紙面の都合上書けませんが、
第5希望以降を別紙に記入して提出しましょう。
最大20園まで記入することができます。
もちろん、毎日通園できる範囲で記載しましょうね。

希望園を一園しか記入しなかったという方がいたとしたら
「そこしか書いてないから確率は高いかも」ではなく、
指数が足りなければ厳しいということです。

みなさんが行きたいな、と思われる園はやっぱり他の多くの方も申込をする
可能性が高いかもしれません。
たとえば設備が新しくてピカピカの保育園などです。
そこでも指数の高い人が優位になります。

施設がピカピカの園、昭和な香りの漂うレトロな園、園庭が広い園、
園庭が狭い園etc.色々あって、わが子のために一番の園に入園させたい、と
思うのが親心だと思います。

でも一番の基準って色々あります。
お子さんはどの園でも通っている園でピカピカ輝いて過ごしています。
私はどの園でもたくさんの良いポイントがあるなっていつも思います。

つい一か月前も区立保育園、私立保育園、認定こども園、保育室、認証保育所など
多くの保育施設の運動会に行ってきました。
どこも先生方が趣向を凝らした内容で、どの子どもたちも親御さんもとても
楽しそうでした。

園庭のない保育施設の子どもたちはみんでお散歩をしながら公園に
行って遊んでいるのをよく見かけます。
時にはちょっぴりたくさん歩いて移動することもありますが、子どもたちは
こうしたお散歩をすることによって体力がついてくるそうです。

すでに申請をしてしまった、という方でこれを読んで希望保育所をもっと記入すればよかった、と思ってる方、申込期間内であれば変更届に記入をして
窓口に提出すると追加や変更が可能になりますよ。

次に指数についてです。

ここ数年、フルタイムで働く人たちが多くなり、入園の指数も高くなってきて
いるようで、44ポイントという話を聞くことが多くなってきました。

「44ポイントってどこを見ればよいですか?」
という方、「保育園入園のご案内」のP.10,11を見てくださいね。

まず、週5日以上就労し、一日8時間以上の就労を実態(おおむね付き20日以上)という「フルタイム」でお仕事をしている人。
こちらの基本指数が20。ご夫婦でここに当てはまる方は
20X2の40ポイント。
(もちろん就労証明など必要書類もきっちり提出してくださいね)

あとの4ポイントはp.11を見てくださいね。

まずは加算となる要件の13番、
「利用希望日において、就労実績が6カ月以上ある場合」(←昨年までは1年以上でした)は +1。
こちらもご夫婦で対象の場合は +1のご夫婦分 x2で2ポイントプラスになります。

そして14の「保護者のいずれかが、育児休業給付金を受けている場合」。
こちらで+2。(育児休業給付金の受給期間が終了している場合でも、
同じ勤務先での育児休業中の場合も加算対象)。

これら二つを足して4ポイントで合計44ポイント。

また、すでに子どもを保育室や認証保育所、認可外保育施設等に預けて
復帰しています、という方。
同じくp.11の8「利用申込中の児童を有償で預けている」の
+2が加算されます。
この際、渋谷区の保育園で実施している一時保育に預けているのは該当しません。
受託時間が就労時間をカバーしていないと加算対象にはなりません。

同じポイントの人がたくさんいる場合、
こうした同一指数となった場合の優先順位となるポイントがあります。
P.11の右下。
「同一指数となった場合の優先順位」
が考慮されます。

これらを証明する書類、必要書類はきっちり出しましょうね。

もちろん、申込をされるみなさん全員が44ポイント以上ではないと思います。
「そんなにポイントが無いからムリ!」
ってあきらめないでくださいね。

パートタイムの方、フリーランスの立場の人、お仕事をこれから探される方、いろんな立場の方がいらっしゃるかと思いますが、保育が必要な方は
まずは申込をしてみましょう。

認可園だけが保育施設ではありません!
チャンスがあるかもしれません。

渋谷区の待機児童対策で力を入れている施策のひとつに「区立保育室」が
あります。
万が一認可保育園に入れなくて待機児童になった場合は、「区立保育室」
のご案内、申込用紙が一緒に送られて来るので、これらの申込みもぜひ
やってみてください。
この「区立保育室」と後に出てくる「認可外保育施設特別枠」は
認可園を申請をして待機になった人対象となります。

その他、東京都認証保育所はこちらで一覧を見ることができます。

東京都認証保育所、区立保育室民間保育室については
保育料は渋谷区認可保育園に行ったと想定して同等の保育料になるよう
軽減制度があります。

また、渋谷区では東京都認証保育所の保育料の減額制度は渋谷区内の
認証保育所だけでなく、区外の認証保育所に通われている渋谷区在住の方にも
軽減制度を利用できます。
なので近隣区や職場の近くの認証保育所にも直接空き状況や予約など
問い合わしてみても良いかもしれません。

子育てトーク参加者で実際に認可保育園、認証保育所、保育室、認定こども園に
通われている親御さんからお話を伺うと、認証保育所や保育室等の小規模保育施設は
大きな園には無い小規模だからこその良い点がたくさんあるということがわかりました。

この夏、子育てトークの開催にあたり、保育施設について感想の
アンケート結果を見る機会がありました。

「認可保育園以外は認可園に入れなくて子、浪人している子が行くような
保育施設かとイメージしていたけれど、全然そんなことはなく、
行かせてよかったです」
という結果がありました。
区立保育室に通われている親御さんからも
「とてもよいので来年も保育室にぜひ通いたいのですが…」
というお声を聞いたことがあります。

認可園に最初から入園できる人もいれば、最初は保育室や認証保育園、そして
翌年や空が出て、認可園に転園したというお子さんはとても多いですし、
実際に小規模保育施設からのスタートでよかった、ということもあるようです。

保育室は待機児童対策の保育施設のため、年度末で退園となります。
でもこれらの園に入園することによって、上で説明した 
「保育園の入園のご案内」のp.11の8「利用申込中の児童を有償で預けている」の
+2が加算され、更に「同一指数となった場合の優先順位」としても考慮され、次年度の認可園入園につながることになります。

さらに渋谷区では区内2カ所の認可外保育施設に待機児童となった
お子さんの特別枠を設けています。
この認可外保育施設特別枠と区立保育室は残念ながら認可保育園の待機児童と
なったときの封書に案内が入っていますので、そこからあと少しがんばってみてくださいね。

そして来年度から「子ども・子育て支援新制度」がスタートします。
こちらもみなさんが気になるところかと思いますが、内容については
「保育園入園のご案内」一式にはいっている説明書にとてもわかりやすく
書かれていますので参考にされてくださいね。

渋谷区の平成27年4月保育園利用申込み期間第一次募集は12月1日まで。
二次募集は一次募集の利用調整の結果、欠員が出た園のみ行うとのことですので、
一次募集期間中に申込をすることをおススメします。
尚、申込窓口は渋谷区役所3階の保育課入園相談窓口です。
今日も窓口には多くの方が来られていましたので、時間に余裕をもって
お越しくださいね。

少しでも疑問に思うことは窓口で担当者に良く聞いて、納得されて申請を
されてください。

「岡田マリ的渋谷区子育てガイド 保育園・幼稚園編」も参考までに
ぜひ読んでみてくださいね。

また、「子ども・子育て支援新制度」の地域型保育の中の
家庭的保育、事業所内保育、小規模保育、居宅訪問型保育で
認可を受けるところがでてくるかもしれません。

もちろん渋谷区も来年度、再来年度と待機児童対策に力をいれていきます。
常にHPなどチェックしてみてくださいね。

渋谷区は待機児童を少しでもなくすために全力で取組んでいます。
「保育園入園のご案内」に記載されている内容もかなりクリアになりましたし、
とにかく待機児童を減らすために認証保育所の減額制度、保育室をはじめ、
認可園の設置とスピーディに対応をしていると思います。

しかしながら、子育てトークでもみなさんからご意見、ご要望をいただいたように、
指数について、第一子の保育園入園について、兄弟の入園について等
まだまだ課題はあります。
みなさんの声を元に更に改善できるよう私も努めて参ります。

一人でも多くのお子さんが保育施設に入れますように。
そしてママもパパも安心してお仕事が続けられますように。
活動 | - | -

■ 鍋島松濤公園でかいぼり

11月6日、渋谷区松濤にある鍋島松濤公園で「かいぼり」が実施されました。
「かいぼり」は「掻(か)い掘り」と書くそうです。

かいぼり2

元は農業用水のため池の水を農閑期の冬場に抜き、堆積(たいせき)した
ヘドロや土砂を取り除くことが目的だったそうです。
ここ数年では水質改善や外来生物の駆除を目的としたかいぼりが各地で行われいます。
ニュースでも井の頭公園の池での「かいぼり」は記憶に新しいかと思います。

その「かいぼり」が松濤公園の松濤池で実施されました。

松濤公園の入口、遊具の奥には池があります。
松濤公園

昔の松濤池にはメダカや石亀など多くの在来種が生息していたそうです。
(そういえば、私が子ども頃、石亀やメダカを見ることありました。)

最近では外来種がたくさん生息し、池の生態系が大きく変わってしまい
水草はそれら外来種に食べられ、水質も大きく変わってしまったそうです。

今回「かいぼり隊」を発足し、地域の方々や神南小学校の児童、松濤中学校の
生徒たち
約200名が水の抜けた池に入り、魚やカメを捕りながらこうした生態系について
学びました。
かいぼり1

とにかく鯉とカメがたくさんいました。

カメの中にはすっぽんも数匹いました。
すっぽん

中には大きなワニガメも!
わにがめ

そしてうなぎまで!!
うなぎ

水が無くなった松濤公園は場所によっては泥がたくさんたまっていました。

今後、底泥の搬出、池の天日干し、水草の植え付けを2月まで行い、
3月に湧き水により池に貯水をして在来種を池に戻す計画です。

松濤池の天日干しも楽しみです。

皆さまもお水のない松濤池を見てみてはいかがですか?

すぐ近くには松濤美術館もありますよ。
お知らせ | - | -

■ くみんの広場2014、おつかれさまでした

11月最初の週末は連休でした。
11月2日、3日と「第37回渋谷区くみんの広場 ふるさと渋谷フェスティバル2014」が代々木公園、渋谷公会堂等で開催され、多くの人で賑わいました。

今年は渋谷区議会も五輪・パラリンッピク特別委員会、自治権確立特別委員会の
テントを出店し、2020五輪・パラリンピックの記念バッジやペンをみなさんに配布したり、
写真を展示したり、アンケートを実施したりしました。
前日準備は雨でしたが、50年前のオリンピックの写真や当時の渋谷区内の町の写真を楽しみながら展示しました。

そして今年も実行委員長は井上順さん。
井上順さんご自身も各テントに立ち寄っては気軽にみなさんとお話をされて
大活躍でした。

心配されたお天気は2日間とも恵まれて、多くの人たちで賑わいました。

子どもたちも広場にたくさん集まって、イベントやスポーツを楽しんだり、
おいしくてリーズナブルな様々な味を楽しんだり、バザーでお買い物したり、
専門家による相談を受けたり、公会堂やステージではみなさんが発表していたり、
それを見ながら楽しんだり、と様々な楽しみ方が詰まった2日間でした。

みなさん、今年もおつかれさまでした。
活動 | - | -
1/1