岡田マリ official blog

■ ダウン症について知り、向き合い、考え、気づく機会がありました 

4月のとある日、「障がいのある子を育てる」というテーマでお話を聞く機会がありました。

その時の講師は長谷部真奈見さん。
ダウン症のある長女を授かったことをきっかけに、障がいのある人たちやその家族向けに
YOGAをセラピーとして広めるヨガスタジオを主宰。
NPO法人アクセプションズの設立メンバーのお一人でもあります。

この4月から新型出生前診断が始まりました。
こうしたお話にも触れ、ご自身の子育て経験をお話されました。
真奈美さんご自身の子育ての経験を通して
「ダウン症について知り、向き合い、考え、気づく」。

これまであまり掘り下げて考えたことなかったダウン症について
知る良い機会となりました。
800人から1,000人に一人という強い生命力を持ち誕生するのが
ダウン症の子どもたち。

印象に残ったこと。
欧米と日本の「障がい者」に対する違い。

障がいのあるお子さん出産するということ、日本では
それは直後から自身を責めたり、親戚や友人への出産報告にも悩み、
公園デビューもためらってしまうお母さんもいるということ…。
私には想像していなかった様々な思い、困難がありました。

真奈見さんはお子さんの誕生を機にワークスタイルが変り、
いまでは人生を面白いと思えるようになったと仰います。
「障がいはマイナスではない。」
「何事も前例が無いではなく前例を作って行こう!」。
と仰っていたのが印象に残りました。

その他、NPO法人アクセプションズacceptionsが開催の
「バディウォーク」についてもお話を伺いました。
次回の「バディウォーク」はぜひ参加したいです。

後日、真奈見さんのママヨガのレッスンに参加しました。
真奈見さんのヨガレッスンは体がじっくりほぐされると同時に
自分の体に向き合える貴重な時間でした。

その日のレッスンの後はママ達とランチ交流会。
都内でダウン症のお子さんを育ててられるママさんたちから
保育園のこと、小学校のことなど様々なお話を伺うことができました。

真奈見さんの講演への参加をきっかけに私の「子育て支援」の中に
また新たな課題が生まれることとなりました。

真奈見さんはじめ、関係者のみなさま、ランチ交流会のママたち
ありがとうございました。
子育て・教育 | - | -

■ 渋谷で幼なじみをつくろう!- シブヤ・ベビラボ

渋谷で子育てをしている大半のママ達が親元から離れ、
都会のど真ん中で時に孤独を感じながら毎日をベイビーちゃんと
過ごしているのではないかしら…。

そんなママ達に是非ご紹介したいのが渋谷区の0歳児親子のサロン
「シブヤ・ベビラボ」です。

代表の「よこた みほ」さん自身も子育て中のステキな
ワーキングママです。
2012年5月、渋谷区桜丘、南平台町、鉢山町、猿楽町、鶯谷町、
代官山町付近を中心としたその近辺在住の、0歳児渋谷っ子ベビー&
ママたちの集まりをサポートするために立ち上げたそうです。
幼なじみを作って、ママ同士も楽しく!という目的で
毎月ベビラボミーティングが開催されています。

少し前になりますがベビラボのベビーリトミックに
お邪魔させていただきました。
当日は10組のステキなママとベイビーちゃんたちが桜丘町にある
「デイライトキッチン」に集合。
すでに「ベビラボ」がきっかけで仲良しのベイビーちゃんや
ママ達参加です。

この日のベビーリトミックの先生は江上 るみ子さん。
とっても楽しいレッスンです。
レッスンがはじまると、子どもたちはすぐに集中して
るみ子先生をじっと見て体を動かしはじめます。

ベビラボ

生のピアノに合わせて踊ったり、音楽に合わせてママとのスキンシップを
楽しんであっと言う間の1時間。

ベビラボ1
子どもたちはこうして集中して最後の本の読み聞かせに聞き入っています。

ベビーリトミックのあとはママ達はすっかり仲良くなって
みなさんでお喋り。
そのままデイライトキッチンさんでのランチも可能です。
ママ同士の情報交換も大切な時間です。


みなさんの機会があったらぜひ「シブヤ・ベビラボ」で幼なじみ作り、
ママ同士の楽しみを見つけてください。
子育て・教育 | - | -

■ 心臓病の子どもの集い「こぐま園」40周年

5月から新しい「福祉保健委員会」所属になりました。
今回初めて所属の「福祉保健委員会」は福祉部そして
健康推進部(保健所)の所管です。
障害者福祉、高齢者福祉、妊婦、乳児、衛生関係等と非常に幅広く、現在
管内施設の視察を行っていますが、これまで行ったことが
なかった施設も多く、追ってみなさまにお伝えいたしますね。

そんな中で心臓病の子どもの集い「こぐま園」の40周年記念の会に
お招きいただき行って参りました。

国立循環器病研究センターのHPによると心臓の壁に小さな穴があいているなども含めると
先天性の心臓病の赤ちゃんは、年間およそ1万人、100人に1人の割合で生まれているそうです。
今では医療の進歩で、その多くは、手術で治せるようになりましたが
生まれつきの病気としては大変頻度が高いそうです。

「こぐま園」は40年前、重症の心臓病児をもつ2人のお母さんが
出会ったことからはじまりました。
健康児の中では体力的についていけないお子さんに、お友だちと遊ぶ中で大切な幼児期の
発達をさせたいと願い、仲間によびかけ「子どもの集い」をもったのが
はじまりだったそうです。
それから40年、活動場所は今では代々木に落ち着いたものの、
渋谷区内で何度か変わり、補助金も東京都から渋谷区に移り、
そうしたご苦労もたくさんあった中で、多くのみなさまのご協力により
卒園児は250名を超えたそうです。
心臓病のお子さんを育てる中で、多くの不安を抱きながら同じ病気と
たたかっている保護者、そしてお子さん同士と園で交流でき、
一緒に遊べるというのは心強いことでしょう。

この40年間で心臓病の治療、手術も大きく進歩し、今では病状によっては
1歳くらいでも手術ができ、その後は学校生活、運動も可能になるとのこと。
しかし、大人になっても入退院を繰り返したり、ペースメーカーを入れ替えたり、
肝臓や腎臓が悪くなるという合併症がでたりするため、5年、10年、15年後も
検査する必要性もあるそうです。

「こぐま園」では40年間で54名の方が、30周年から9名の方が
天国に旅だったということです。
心よりご冥福をお祈り申し上げると共に、「こぐま園」が
これからも病気ととたたかっているお子さんと保護者の孤独を救い、
心の支えとなるよう、そして子どもたちが元気になりますように。

こぐま園
子育て・教育 | - | -

■ 渋谷区で一時保育が新たに3カ所で始まりますよ!

渋谷区では現在6カ所で一時保育を実施しています。

そして7月16日から「認定こども園」3園で一時保育がスタートします。

渋谷区はこの4月に4園の「認定こども園」が開設しました。

そのうちの代々木地区、神宮前地区、本町地区の3園で今度は
一時保育が開始です。

認定子ども園「代々木至誠こども園」代々木5-14-16。
一時保育は「どんぐりの家」という名前。かわいらしいですね!
7月分の申込は7月1日から始まっています。
対象:区内在住で満3カ月から就学前まで。10名。
平日 月〜金9:00 - 17:00。4時間まで3,000円、8時間まで6,000円。

登録時には面接が必要です。
登録は電話:03-3485-2466。
月曜〜金曜 10時〜16時の間でお電話でお問い合わせください。

神宮前地区は認定子ども園「神宮前あおぞらこども園」神宮前5-6-1。
対象:区内在住で満3カ月から就学前まで。5名。
平日月〜金9:00 - 17:00。4時間まで3,000円、8時間まで6,000円。
登録時には面接が必要です。
7月分の申込は7月8日から電話03-6418-9461です。
8月分以降は利用希望日の前月10日から。

本町地区は認定子ども園「本町きらきらこども園」本町3-38-10。
対象:区内在住で満3カ月から就学前まで。5人。
平日 月〜金9:00 - 17:00。4時間まで3,000円、8時間まで6,000円。
登録時には面接有り。
7月分の申込は7月8日10:00AMから電話03-5358-8761です。
8月分以降は利用希望日の前月10日から。

各園で登録時に面接があります。詳しくは各園にお問合せくださいね。

実は一時保育は
「申込み時になかなか電話がつながりません!」
「予約メールがなかなか送れないんです」
というお声をよく聞きます。
今回の一時保育の開設がこの課題の解決に少しでもつながりますように…。

一時保育のみなさまのお声、ご意見、ご要望をお聞かせくださいね。
子育て・教育 | - | -
1/1