岡田マリ official blog

■ 幼保一元化施設「渋谷区山谷かきのみ園」の入園式に行ってきました

渋谷区には保育施設に認可保育園、幼保一元化施設、認証保育所、区立保育室、
区指定保育室があります。

ちょっぴりややこしいのですが、幼保一元化施設には「保育所型認定こども園」
と「渋谷区独自の幼保一元化施設」があります。

私立の「保育所型認定こども園」とは都道府県から法律に基づき認定された施設で、現在渋谷区には5園あります。
保護者が働いている、いないにかかわらず受け入れて教育、保育を
一体的に行う機能、すべての子育て家庭を対象に、子育て不安に対応した
子育て相談や、親子広場の設備もあり、地域の子育て家庭をバックアップ
します。
「認定こども園」の中で、認可保育所が保育に欠ける子ども以外の子どもも
受け入れるなど、幼稚園的な機能を備える施設を「保育所型認定子ども園」
といいます。

一方で渋谷区独自の「幼保一元化施設」は渋谷区に2園。
4,5歳児の幼稚園部分は区立幼稚園になります。
ひとつは代々木にある「山谷かきのみ園」
そして「千駄谷なかよし園」です。

「幼保一元化施設」とは4,5歳時の幼稚園教育事業は下記の通り。
月曜日から金曜日の9時〜14時に、全ての園児に幼稚園教育を行い、
その前後の時間及び土曜日に預かり保育を実施します。
なお、短時間保育・中時間保育は土曜日・夏季休業等の休業日を
設けます。

そして「山谷かきのみ園」は1〜3歳児、「千駄谷なかよし園」は0〜3歳児
の保育を実施し、「渋谷幼児教育プログラム」に基づき、就学前の子どもたちに
一貫した幼児教育・保育を提供します。
また、19:30までの延長保育や給食、おやつもあります。

と、幼保一元化施設について冊子「岡田マリ的渋谷区子育てガイド 改訂版」
と渋谷区HPを参考に説明したところで、今日のブログの入園式についてです。

今年の区立幼稚園の入園式は「山谷かきのみ園」に行って来ました。

kakinomi園入園式

お庭の大きな”かきの木”がシンボルのかきのみ園。
入園式の日は八重桜のきれいなピンクが入園を祝っていました。
元気いっぱいの”きりん組”さん、中には保育室から進級した
10名のお友だちは、すっかりお兄さん・お姉さんです。
5歳児のぞう組さんに入園のお祝いをしてもらいました。

1歳児から5歳児まで園児たちが交流することで、助け合うことを
たくさん学んでいるようでした。

入園式には地域のみなさんもたくさん駆け付けて、
「山谷かきのみ園」は地域のみなさんにもしっかりと見守られながら、
良い関係が築かれていました。

次回みんなに会うのは運動会かな?楽しみにしています!!

幼保一元化施設園児募集については
こちらをご覧ください。
子育て・教育 | - | -

■ 英語教育重点校 「松濤中学校」入学式に行ってきました

今日は渋谷区立中学校の入学式のお話です。

今年は松濤中学校の入学式に行ってきました。

shoto入学式

松濤中学校は平成16年度から英語教育重点校です。
これまでも子育てトーク等で「英語教育重点校って?」と
時々聞かれることがありました。

「英語教育重点校」の具体的な取組みは松濤中学校のHPによると
下記のようになっています。

1.毎朝、英語を学びます
 ☆月曜 朝礼(全校、生徒)は、英語を使用します。
 ☆火曜〜金曜 朝15分間 「Morning Lesson」・・外国人指導員、
英語教員と英語の特別学習

2.『英語科の授業』
少人数授業で1つのクラスを2コース授業    
日本人教員2名、外国人指導員2名が担当

3.『英語科』以外の教科も、英語で学びます。
  (パーシャルイマージョンと言われる外国語学習の形態です。)
 ☆ 音楽・美術・体育:家庭・は、日本人教員と外国人指導員で、英語で指導します。

4.日常生活でも、英語を使います。
 ☆朝の学活(2年から)は、外国人指導員が英語で行います。
 ☆帰りの学活では、教科の連絡・一日の反省を、1年生は10月ころから生徒が英語を使って行います。
 ☆「Class Planner」(学校独自の連絡帳)を、英語で記入します。
 ☆外国人指導員は、給食・清掃も、生徒と共に行い、
生徒とのふれあいを大切にしています。

5.行事でも英語を使います。
 ☆運動会・・・司会、紹介、応援合戦など英語を使います。
 ☆学習発表会・・・司会、学級紹介は英語を使い、
また、英語と日本の楽曲2曲を合唱します。各学年〜英語劇を行います。
英語スピーチ等もあります。

6.宿泊行事でも、英語を学びます。
 ☆1年山中移動教室・・外国人指導員4名が同行し、全生徒が4グループで英語劇「MOMOTARO」に挑戦します。
 ☆3年修学旅行・立命館大学の協力を得て、班に2名の留学生と京都の見学を共にし、生徒が英語で日本文化の紹介を   する機会を平成22年度から行っています。

7.外国人との「ふれあい」から、英語を学びます。
 ☆外国人の生徒(日本語教室を開設)、帰国生徒の
受け入れをしています。
 ☆Friendship Day として、ミクロネシア(マーシャル諸島共和国、
ミクロネシア連邦、パラオ共和国)の子どもたちとの交流を行っています。

8.部活動も、英語を使った英語活動部、美術部があり、日本文化の
会得のための茶道部もあります。

9.英検の習得は、準2級以上を目指します。受験者の約半数が
準2級以上を取得しています。

と、かなり英語教育に力を入れています。

さて、実際に松濤中学校に行ってみると、校内の至る所に
英語の表記があったり、入学式の進行も日本語と英語のバイリンガルで
行われていました。

在校生はすっかり慣れたもので、英語の司会進行は大人よりも
早くスッと反応します。
生徒会長からのお祝いの言葉の中にも英語の挨拶があり、見事な発音に
驚かされました。

入学式ではまだ英語の進行にちょっぴり戸惑っていた新入生も、
次回会うときにはスッと反応するようになっていることでしょう。

更に松濤中学校は今年度からいよいよコミュニティ・スクールが始まります。
こちらも楽しみですね。

渋谷区では渋谷区立小中一貫教育校「渋谷本町学園」
平成23年4月より英語教育重点校としてスタートしていますよ。
子育て・教育 | - | -

■ 広尾小学校入学式

4月になり、入学式に出席していたと思っていたらもうすぐGWですね。

しばらく入学式のブログを更新していきますね。

今年は小学校の入学式は広尾小学校に行って参りました。

広尾小学校入学式

広尾小学校の校舎は国の有形登録文化財として指定されています。
広尾小学校はその昔、消防署と同居していたことがあり、当時の火の見櫓としての塔屋が
今でも残っています。

これまでも運動会や学芸会、広尾ランド等の行事におじゃましたことがありましたが
入学式は初めてでした。

この日は元気な1年生50人が入学しました。
つい20日ほど前に広尾幼稚園の修了式で見かけた園児たちの
姿もありました。
一生懸命、校長先生のお話を聞いているみんなの顔は幼稚園生の時とは違い、
ちょっぴり小学生の顔つきになっていて、子どもたちの成長に驚くと共に
頼もしく感じました。

これからは広尾小学校でみんなに会えるのが楽しみです。
子育て・教育 | - | -

■ 補助60号線(東急本店裏⇔山手通り)が相互通行に!

週末は雨、強風とみなさま大丈夫でしたか?
今朝、週末の強風で切れたと思われる電線がだらりと垂下がっていたので
連絡しました。
切れた電線は触れたりせず、すぐにお近くの東京電力までご連絡くださいね。

さて、4月7日(日)に渋谷の東急本店裏から山手通りへ抜ける
「補助60号線」がこれまでの一方通行から相互通行へと
全面開通となりました。
開通

路面には自転車ナビマークを設置、電柱は地下化され、すっきりと
美しい道路に変りました。
道路着工から20年かかっての完成。
地域や商店街のみなさんの喜びも大きいものでしょう。

開通式当日、前日の雨がすっかりやみ、空には青空が広がりました。
60号線テープカット
テープカットの写真。
一番左は渋谷区民の広場実行委員長でもある”井上順”さんです。

鼓笛隊1
テープカットの後は近くの神南小学校の鼓笛隊による演奏。
美しい音が新しい道路に響きます。

パレード
そして鼓笛隊の演奏と共に坂の下までパレードです。

パレードが下に到着して少しすると…
一通標識before
補助60号線のこれまでの「一方通行」の標識の取り外し作業に遭遇。

一通標識after
「一方通行」の標識ははずされて、「相互通行」まであとは
待つばかり。

白バイ
ようやく、山手通り方面から白バイの姿が見えました。

白バイ2
白バイのあとはいよいよ一般車の通行です。

一号車
そして一号車!
最初の数台は拍手の中を通り過ぎました。
こうして相互通行がスタートしました。

開通
補助60号線は更に活気あふれる道路となるでしょう。
今後が楽しみです!
便利にはなりましたが、交通ルールを守って安全運転を
心がけましょう。
お知らせ | - | -

■ 渋谷区少年学童軟式野球春季大会 - 渋谷区のジュニアスポーツ 

4月になりました。
駅や電車、街には新しいスーツに身を包んだ新入社員ちを見かけます。
渋谷区役所内でも異動があり、庁内を歩いていると、思わぬところで会う
職員人事に慣れるまで少し時間がかかりそうです。
保育園も入園式がありました。子どもたちにとってもママにとっても
新しい生活がはじまりました。
来週は小学校、幼稚園、中学校と入学式があります。
4月はちょっぴり不安と共にこれからの成長への大きな一歩を踏み出す月ですね。

さて、そんな中、渋谷区では少年学童軟式野球春季大会が始まりました。
桜の花びらの舞う3月31日、春季野球大会の開会式に行ってきました。

少年野球春季大会

渋谷区内には約14少年野球チームがあります。
春というのに冬に後戻りしたような一日でしたが、会場の代々木大山公園運動場には
全チームの選手が元気に行進し、監督、審判等関係者のみなさんも
そろっての開会式でした。

少年野球は地域の小学校や中学校や公園で練習している姿を
良く見かけます。
地域の人が監督やコーチとして、子どもたちを指導しているため、
ジュニアスポーツの子どもたちは地域への馴染みが早いようです。
そして中でも監督は運動会や入学式、卒業式にも出席し、
みんなのお父さんのような存在です。

野球以外にも渋谷区には各地域にサッカー、バレー、バスケットボール、
体操、ダンス、柔道など多くのジュニアスポーツ教室があります。

ジュニアスポーツを通して体力づくり、学校や学年を超えた仲間づくり、
そして地域とのつながりそんな一年のスタートはいかがですか?
子育て・教育 | - | -
1/1