岡田マリ official blog

■ 小中学生による絵画展と展覧会@松濤美術館

松濤美術館は渋谷区内の小中学生のエネルギーあふれる
絵画点を開催中。どの作品もすばらしいものばかりです。
神南小 シャドウ
上は神南小学校の児童たちの作品。

3月10日(日)まで渋谷区松濤美術館は「第31回渋谷区賞中学生絵画展」と
「第31回渋谷区立小・中学校特別支援学級連合展覧会」

がひらかれています。
松濤美術館連合小中学校

こちらは渋谷区内の区立・私立小中学校の児童・生徒たちの絵画作品、
188点が展示されています。
ひとつひとつタイトルと絵をじっくり見ていると
あっと言う間に時間が過ぎます。
小中学校1

図録は中幡小学校1年生の児童が描いたもの。
図録

そして2階サロンミューゼでは「特別支援学級連合展覧会」。
こちらは絵、版画、陶芸作品、かめん、習字、手芸作品、お皿、
手芸作品など展示されています。
特別支援学級連合

本町学園小
こちらは本町学園小学校の作品。
「思い出の絵」とTシャツは壁にまるでお花が咲いたかのように
きれいでした。

臨川小
臨川小学校は楽しい動物たちがたくさん!
劇で演じたお気に入りの場面の絵や紙版画、迫力のある動物のお面、
どれも力強く生き生きとしています。

臨川小1
焼き物の動物たちはどれも味がでていて飾っておきたい。
上からの姿の象と横からの姿の象がいます。

幡代小
幡代小学校は「思い出の絵」はカラフルな手作りの額縁とセットでした。

幡代小1
同じく幡代小学校はお芋を使った芋版画。
何とも良い感じが出ていて葉書になりそうです。

神南小 額に注目
神南小学校の「思い出の絵」。こちらの額縁は身の回りの
プラスティックのスプーンやフォーク、色々な形のパスタに
スプレーで色をつけて作られていてとても楽しい。

神南小 ランチョン
ガラスが反射してしまって、きれいに写りませんでしたが
こちらのランチョンマットは障子紙を色々な方に折って、絵の具で
染めて作ったそうです。
食事の時間が楽しみになりそうですね。
下は粘土で作ったお面です。表情がユーモラスでかわいい。

富ヶ谷小
富ヶ谷小学校はなんと新聞紙に書かれた絵。
迫力ある絵は迫ってきそうな勢いでした。

鉢山中 動物
昨年4月から特別支援学級が設置された鉢山中学校の粘土作品。
どれも見事でした。

鉢山中 カレンダー
こちらは鉢山中学校の合同作品の版画のカレンダー。
それぞれの季節が表現されていますね。

本町学園中
本町中学校のカレンダー作品。
根気強く細かい作業を行ったのでしょう。日付はパソコンで作成したそうです。

上原中
上原中学校は丸筒を使い寄木で飾り付けをした鉛筆立て。
同じ材料を使って様々な表現ができますね。

もちろんこのブログで紹介できなかったまだまだたくさんの
子どもたちの絵や作品があります。
3月10日まで開催しておりますので、ぜひ松濤美術館に
お足をお運びくださいね。
子育て・教育 | - | -

■ ちょっぴり寒い日は「渋谷区ふれあい植物センター」はいかがですか?

立春が過ぎたというのにまだまだ寒い日が続いていますね。
春気分で油断すると朝ランや自転車移動で外に出た途端、
思わず縮こまってしまいます。
外はまだまだ寒くても、暖かいほっこり施設
渋谷区ふれあい植物センター
が渋谷区東にあります。
「渋谷区ふせあい植物センター」は近くの渋谷清掃工場の還元施設と
して建てられ、ゴミを燃やす際に発電された電力の供給を受けています。

植物センター4
中はこのように一年中緑のオアシス。
普段八百屋さんやスーパーで見かける果物などを
見ることもできます。

現在2階ではお子さんが楽しめる企画展を開催しています。
この時期は「どんぐりころころ」!
植物センター3
落ち葉のプールで遊んだり、どんぐりストラップを作ったり…。
ボランティアさんがどんぐりで作ったクラフトもユーモラスで
とっても楽しいですよ。

「どんぐりころころ」の企画展は2月24日までです。
お知らせはこちら。
植物センターお知らせ

そして手の角質をきれいしてくれるという「スキンケアフィッシュ」
体験もできます。
植物センター2
お魚はすぐに集まってきて手をツンツンとつつきます。
ちょっぴりくすぐったい不思議な感じ…。

植物センターフィッシュ説明
注意はよく守りましょうね。

植物センター1
「渋谷区ふれあい植物センター」は決して広さは大きくは
ないかもしれませんが、職員やボランティアさんがいつも工夫をして
みなさんが楽しめる展示や企画、イベントを行っています。
お子さんと一緒でも、お一人でもほっと和み空間。
ぜひお立ち寄りくださいね。

近くには「並木橋リサイクルセンター」もあります。
こちらはリサイクルされて生まれ変わった木製家具が
たくさん展示販売されています。
掘出し物が見つかるかもしれません。
「リサイクルセンター」については2009年9月のブログ
ご紹介させていただきました。ご参考までに。

「リサイクルセンター」では紙類、びん類、缶類、古布、古着、
食品用発砲スチロールトレイ、廃食用油、使用済み小型家電等の
資源回収も行っています。
詳しくはこちらをご覧下さい。

使用済み小型家電はこちらです。
渋谷区の施設 | - | -

■ 抱っこで踊ろう!産後エクササイズ・ベビーダンス

「渋谷区の親子でお教室・サークル」のご紹介第2弾です。

渋谷区内には子育て中のママたちがお子さんと一緒に
楽しく習える教室やサークルがあります。

今日は先日リフレッシュ氷川で体験させていただいた
「ベビーダンス」のご紹介です。

お首のすわった3ヵ月くらいから2歳くらいまでのベイビーちゃんと
ママ、パパが対象のサークルです。
赤ちゃんを抱っこしてスキンシップしながら楽しく踊りましょう!
というベビーダンス。

現在3歳の男の子を子育て中の現役ママ森本好香先生は
明るく元気いっぱいにご自分の子育て体験をお話してくださいながら
楽しい時間となりました。

この日は3組のママたちがかわいらしいベイビーちゃんと一緒に参加。
最初はお歌を歌ってスタート。
このお歌は赤ちゃんたちの好きな音やリズムなのか
みんな集中して聞いていました。

そして森本先生は手遊び(手話)も3つ教えくださいます。
この手遊びもお子さんとのコミュニケーションに役立つそうです。
早速私も「お〜しまい」の手話を日常取り入れています。

そしてベビーダンスをはじめる前には
抱っこ紐(スリング)の使い方のアドヴァイスがありました。
ちょっとしたことでとても楽に抱っこができるようで
ママたちは「わぁ、楽になった〜」とニコニコ。

いよいよベビーダンスのはじまり。
最初はステップを教わります。
ママたちはベイビーちゃんを抱っこしながらステップ。
そして音楽に合わせてステップです。
サンバのリズム、ブルースのリズムに合わせて
動いていきます。
心地良い音楽にのって良い感じに汗ばむくらいのダンスです。
ストレッチもあるので体が気持ち良い!
そして不思議不思議、ママに抱っこされているベイビーちゃんたちは
気持ちよさそうに寝ちゃっています。
みんなママの抱っこのなかで可愛らしい寝顔となりました。

出産後、なかなか運動ができないママたちも
音楽に合わせて体が動かせる貴重な時間。

このダンスの動きは夜泣きをしている時などにも
抱っこをして同じようにステップを踏むと
赤ちゃんに効果があり、寝てしまうことがあるそうです。

初めて参加なさったママもすぐに仲良くお互いの育児について
おしゃべりしていました。

そして許可をいただいて皆さんたちと記念撮影。
産後エクササイズ
後ろのピンクのポロシャツの方が森本先生。
残念ながら4月から九州に転勤になってしまうとのことで
4月からは森本先生のおとなりで写ってられる小宮先生が
担当だそうです。

楽しい時間をありがとうございました。

産後エクササイズ・ベビーダンスは渋谷区東の「リフレッシュ氷川」にて
第1,3火曜日10:30〜12:00 入会金1,000円 会費月2,400円だそうです。

次回のベビーダンスのサークルは
2月19日(火)10:30〜 リフレッシュ氷川
にて予定されています。

詳しくはこちらをご覧下さい。
子育て・教育 | - | -

■ 渋谷区の親子でお教室・サークル-その1

*このブログで書かせていただきました英会話教室「キラキラマミー」さんは、先生がお引越しをされたため現在お休みです。

-------------------------------------------------------------

渋谷区内には子育て中のママたちがお子さんと一緒に
楽しく習える教室やサークルがあります。

今日はそのひとつ、代々木公園の近くにある英会話教室
「Kirakiramommy キラキラマミー」さんをご紹介します。
現在女の子を子育て中のステキなママでもある
矢野弘子先生です。

妊婦さんのプレママの時からレッスンを受けることができます。
レッスンを受けるお教室は乳児やヨチヨチ歩きのベイビーちゃんも
一緒に連れて来て、お互いさまでオムツを替えたり、
授乳をしながら受けることができるとてもコージーな
ママもベイビーちゃんも安心な雰囲気です。

最初に聞いた時、
     「プレママの英会話?」
と不思議に思ったのですが
その教授法を聞くにつれて
   「なるほど〜、まさに生きた英会話!」
と感心してしまうものでした。
それはママが産まれたお子さんに声掛けするフレーズを
英語で語りかけるというものだったんです。

例えば
「おムツを替えてあげるね」
     とか
「ゲップがでちゃったね」
きっとどのママもお子さんが産まれてからはこうした語りかけを
しますよね。
それを日本語だけでなく、日常で英語でも語りかけながら
ママもお子さんも英語を身につけていくというもの。

「英語をお勉強する」というよりも
身につけていく感覚ですね。
そして遊びながら、身につける。
普段お子さんに歌ってあげるお歌、英語の子守唄も
教わったりするそうです。

生徒さんであるママの中には
プレママから通って、出産で少しお休みして、今度は
親子で通う方たちもたくさんいらっしゃるそうです。

そして1歳くらいになると
   「お口をちゃんとゆすいでね」
とか
外で道路を渡る時、
    「車に気をつけてねぇ」
というフレーズなど
お子さんの成長に合った語り掛けを
お子さんと一緒に身につけていきます。

親からの声掛けなど、生活の中で・遊びの中で英語を覚えて
お教室を出ても即実践。
ママたちがこうしてお子さんを連れて気兼ねなく
みんなで英語を学べる場所です。
私はアメリカに留学した際、最初に”日常のなんでもない会話”
に面食らった経験があります。
”なんでもない日常の会話”をこうした形で身につけていくというのは
それもママもお子さんも身についていく、というのが
とても魅力的だな、と思いました。

レッスンの合間にはお互い子育てについてお話をしながら
お悩み解消、にもなっているようです。
お教室は未就学児のお子さんまで学べるそうです。

矢野先生はイースターやハロウィーンなどの時には
アクティビティ(行事)も企画しています。
こちらもたくさんの親子の参加があるそうです。

場所は代々木公園のすぐ近く。
レッスンの後は代々木公園や「はるの小川プレーパーク」で
お子さんと遊ぶ、なんてこともできますね。
子育ての合間のリフレッシュにもなりますね。

詳しくはこちらをご覧下さい。

矢野弘子先生と記念にぱちり。
キラキラマミー英語教室

Kirakiramommy キラキラマミーさんでは
「岡田マリ的渋谷区子育てガイド」の設置のご協力をして下さっています。

ありがとうございました。
渋谷区ガイド設置店 | - | -

■ シニアクラブ作品展、今年も全館行ってきました

1月31日から2月2日まで渋谷区シニアクラブの作品展が
開催されました。

今年も数々の心のこもった素晴らしい作品が出展されていました。

シニア作品展幡ヶ谷1
こちらは「80歳からの挑戦」というタイトルで絵手紙です。
どの絵手紙もとても味のある素敵な作品でした。
何歳からでも挑戦をするというのは大切なことですね。

シニア作品展リフレッシュ氷川 class="thumb" />
こちらはリフレッシュ氷川の会場。
もちろんこうした搬入、設置もシニアのみなさんが行います。

シニア作品展リフレッシュ氷川
素晴らしい書の作品、そして今年は手作りの凧も展示されていました。

シニア作品展リフレッシュ氷2
折り紙作品。

シニア作品展恵比寿
大切に育てている野菜の出展もありました。
もちろん展示会中でも毎日の水やりは欠かせません。

シニア作品展恵比寿2
きれいな色遣いのキャンドルの出展もありました。

シニア作品展恵比寿3
中にはプロの作品もあります。
まだまだ現役で教えていらっしゃるそうです。

シニア作品展千駄ヶ谷2
こちらは千駄ヶ谷社会教育館です。

シニア作品展千駄ヶ谷
やさしい表情の毛糸のお人形です。

シニア作品展千駄ヶ谷3
こちらはひな人形。お孫さんのために作られたそうです。

シニア作品展幡ヶ谷
こちらも素晴らしい書の作品です。

シニア作品展幡ヶ谷2
右は立派なイカの魚拓です。

シニア作品展幡ヶ谷4
左は白いベビーケープ。
こうした愛情にあふれた作品もたくさんありました。

幡ヶ谷ネクタイネックレス
こちらはネクタイで作られたネックレス。
湯のみや布を利用しての作品の展示法もアイディアですね!

シニア作品展5圧
今年もシニアクラブのみなさんと5カ所をまわりました。
移動の途中の会話も楽しいものです。
貴重な戦争の時の体験、昔の渋谷駅や恵比寿周辺のこと、
渋谷区の高齢者福祉対策について等など話題は尽きません。

今年もみなさんが挑戦し続ける作品から元気をいただきました。

また来年も楽しみにしています!
活動 | - | -

■ 松濤美術館の公募展と戸栗美術館

現在渋谷区松濤美術館では2013公募展を開催中です。
今年で31回目を迎える公募展には117名、169点の作品が寄せられ、
94点94人の入選が決まり、その中から8点の受賞作品が
選ばれました。

公募展2013

今年松濤美術館賞を受賞されたのは「ケープタウンのニックさん」
を出展なさった上原在住の小川和子さん。
小川さんは毎年毎年、作品を出展し、今回は念願の松濤美術館賞受賞と
なりました。
小川さんのお話の中で素晴らしいな、と感じたのは
何があっても、毎日練習するのだそうです。
ご高齢のお母さまの介護もある中で
たとえ10分でも、それが元旦であろうと
時間を見つけて毎日続けてこられた。と仰っておりました。
「継続は力なり」「努力に勝る才能は無い」
というこの言葉の通りの受賞となりました。
おめでとうございます。

今年も公募展ではすばらしい作品が展示されています。
2月17日まで開催中です。

また同時開催、「渋谷散歩 所蔵品を中心にした ゆかりの美術家たち」もとても興味深い展示となっています。
渋谷区にゆかりのある美術家の作品の展示です。
渋谷区には古くから多くの画家、彫刻家、工芸家たちが住んでいたそうです。
今の恵比寿三丁目には伊達跡画家村と言われ多くの美術家たちが集って
いたそうです。
代々木は新進の青年画家が住んでいたところで、中犬ハチ公の銅像の
作者として知られる安藤照らも代々木山谷にアトリエを持っていたそうです。
ほかにも神宮前、西原、代々木上原、南平台、本町、宇田川町と
渋谷区の各地域に住んでいた美術家の作品が展示され、その地域を
頭に思い浮かべながらの鑑賞も楽しめます。

この期間の松濤美術館は2展共、入場無料です。

この日は松濤美術館の後に同じ松濤にある「戸栗美術館」
寄ってみました。
戸栗美術館

実はここ「戸栗美術館」は初めてでしたがとても充実していました。

この日は「鍋島焼展」。
これまでやきものについてはあまり知らなかったのですが
今回「戸栗美術館」を訪れて、歴史との深いつながりなども含めて、
興味深いものとなりました。
伊万里焼の併設展示もあり、これまでお店で見ると何気なく手にとったり
耳にしていた”やきもの”への理解が少しですが深まった気がします。
また機会があればぜひ訪れてみたい美術館でした。
渋谷区の施設 | - | -

■ 広尾幼稚園発表会

土曜日の午前中、広尾幼稚園の発表会に行ってきました。
広尾幼稚園発表会

年少組さんの「あめのひ きのこはどうなるの」
年長組みさんの「エルマー うちゅうのたたかい」
を見せていただきました。

それぞれ絵本を元に、アレンジして劇にしたそうです。」

みんなそれぞれ自分で作った衣装を着て登場。
衣装はどれもとても良くできていました。
劇の中ではなつかしい「かごめかごめ…」「アルプスいちまんじゃく」
をみんなで遊ぶシーン、得意な跳び箱や鉄棒を披露するシーンも。

大道具も小道具もみんなで力を合わせて作ったそうですが
それぞれのシーンに合わせてよくできていました。
広尾幼稚園発表会大道具

あと数ヶ月後には小学生になる年長さん、ひとりひとりの演技はもちろん
チームワークも更にしっかりまとまり、すっかりお兄さん、お姉さんに
なっていました。

まだ外はちょっぴり寒かったけれど
みんなの劇は心をぽっと温かくしてくれました。
活動 | - | -
1/1