岡田マリ official blog

■ 多彩な多才なファッションショー - ぱれコレ2012

7月29日(日)、恵比寿を中心に活動している「NPO法人ぱれっと」の
30周年式典と記念イベント「ぱれコレ2012」に行って参りました。

障害のある人とない人に関係なく、多様な人が関わり合いながら
創り上げていくファッションショー。
そのステージは涙が出そうになるくらい感動のステージとなりました。
ぱれコレ2012ファイナル1

「遊ぶ」「働く」「暮らす」「国際支援」という面から
活動をカタチにしている「ぱれっと」。
詳しくはリニューアルしたHPこちらのHPをご覧になってください。

そのHPのトップページに
「ぱれっと」にこめる願いが下記のようにあります。

『ぱれっとは絵を描く道具です。
ぱれっとの上でさまざまな色が出会い新しい色を生み出しています。
私たちは色を人に置き換えて、いろいろな人たち(障害の有無・性別・
人種に関係なく)が出会い交流することで新しい可能性を
生み出していきたいと願っています。』

とあります。(ロゴのパレットもステキですよね!)
このこめられた願いをまさにステージにしたのが
「ぱれコレ2012」でした。

テーマは「融合と創造」。

ファッションショーは4つのカラーで表現されていました。

ぱれコレ2012白

ぱれコレ2012グリーン
どの衣装もとってもステキで、出演者それぞれにピッタリ似合っています。
ぱれコレ2012ブルー
そんなステキな衣装を身につけた出演者はそれぞれダンスや
パフォーマンスを披露しながら目の前を通り過ぎて行きます。
ぱれコレ2012黄色
それぞれのカラーのチームで協力しあい、みんなキラッキラ輝いていています。

ぱれコレ2012黄色

それぞれ一人一人の表現は本当に眩しくて素晴らしいパフォーマンスを
見せてくれました。

ぱれコレ2012ファイナル赤ちゃんとおばあちゃん
神秘的な美しさで圧巻だった90歳のおばあちゃまと赤ちゃんとお母さん。
おばあちゃまの笑顔が本当にステキでした。

ぱれコレ2012ファイナル5
ファイナルはみんな肩につかまって登場。

ぱれコレ2012ファイナル指揮者
最後は音楽ディレクターによる指揮により、
ステージと会場が一体になってショーを盛り上げます。

ぱれコレ2012ファイナルありがとう

ショーの出演者は0歳〜90歳という幅広い年齢層、障害のある人ない人、
音楽ディレクター、舞台演出ディレクター、イベント運営ディレクター、衣装制作、ヘアメイク、バックにはギター、バイオリン、ドラム&パーカッション、
ベースというミュージシャンたち、照明・音響、ダンス協力、ボランティアスタッフ等、本当に多くの人たちの多彩、多才なハーモニーからカタチになった素晴らしいファッションショーでした。

感動をありがとう。
活動 | - | -

■ 復興支援「結いの心」イベント@ハチ公前広場

7月27〜28日、復興支援イベントが渋谷ハチ公前広場で
開催されました。

気仙沼市から「崎浜大魚唄込保存会」、
石巻市から「石巻日高見太鼓」、遠田群美佐町から「小牛田和太鼓 江鳴会」
のみなさんが伝統芸能を披露してくださいました。

この週末は盆踊りのお手伝い等でなかなか行かれず、
28日の午後に拝見させていただきました。
暑い日でしたが、渋谷駅を歩いていると遠くから太鼓の音が
聞こえてきました。
「小牛田和太鼓 江鳴会」のみなさんの太鼓でした。
2012石巻太鼓1
江鳴会のみなさんの粋な姿、迫力のあるキレの良い音が
ハチ公前広場に響き渡り、それは夏の強い日差しを跳ね返すかのようです。
真剣な眼差しで叩くエネルギー溢れる太鼓演奏、
様々な思いが籠められているのだと思います。
聴いていると背中がスッと伸びるような、そんな演奏でした。

石巻太鼓2
ハチ公前広場に降り立った人たちが足を止めて聞き入っていました。

そして、夕方、全て演奏を終えてスーツケースを押しながら帰途に着く
江鳴会のみなさんがいました。
東京は本当に暑かったと思います。

「宮城から渋谷に来てくださってありがとうございました。
素晴らしい太鼓の演奏でした。
どうかお気をつけてお帰り下さいね。」
と思わず声を掛けさせていただきました。

本当にありがとうございました。
そしておつかれさまでした。
活動 | - | -
1/1