岡田マリ official blog

■ 養育費について一緒に考えてみませんか?-

4月19日は「よういくひの日」、養育費について一緒に考えてみませんか?という
NPO法人Wink主催によるキャンペーンイベントが4月20日に開催されました。

養育費会場2
会場1Fではポスターや写真が展示されており、講演会は地下で開催されました。
テレビの取材も入り、たくさんの方々が来られました。

養育費会場
10年間分の写真はたくさんの思い出が詰まっています。

今回で10年目になるこのイベントはラストステージでもあり、
盛りだくさんの内容、私はそのひとつで応援講演をさせていただきました。
養育費について色々調べていくうちにとても考えさせられました。

養育費は2割しか支払われていないという現状があります。

ご参考までに渋谷区における平成22年の婚姻件数は1,952件、離婚件数は415件。
日本全国では婚姻件数は91,196件、離婚件数は26,335件。
23区では婚姻件数68,035、離婚件数は18,868件。
(東京都福祉保健局のHPより)

離婚して養育費が払われいなくても
「もう係りたくない」ということで
諦めてしまうということが多々あるようですが、未払いによって
『子どもに会えないのに何で養育費払わなきゃいけないの?』
『養育費払わないのに何で子どもに会わせなきゃいけないの?』
とお子さんにも寂しい思いや悲しい思いをさせてしまうことにもなります。

NPO法人Winkの代表の新川てるえさんは養育費は子どもの権利であり、
養育親が自分都合で放棄してはいけないものだと思い、
この活動をスタートさせたそうです。
養育費ポスター2

この「よういくひの日」10年計画で
・支援者に問題定義
・当事者の啓発
・社会への啓発
・払わない親の啓発
とそれぞれのステージを踏んできました。
10年間続けるということは並大抵のことではなかったと察します。
そしてこの10年の間で民法が改正されて、養育費と面会交流の
取り決めの責任が記載され、この春から離婚届けに
取り決めの有無の記載欄ができました。
海外の離婚の連れ去りを規制するハーグ条約に日本も批准し国内法が
少しづつ見直されつつあります。
養育費問題に取組んできたこの10年間で確実に状況は前進しています。
新川さんはじめ、スタッフのみなさんに心から
「おつかれさまでした」と拍手を送り、
また新たな一歩を踏み出していっていただきたいと心から願っています。
養育費ポスター1
子育て・教育 | - | -

■ 入学式と桜のシーズン

あっと言う間に入学式になりました。
今年は入学式に合わせて桜が満開。
目黒川の桜近くでみる

目黒川の桜朝日
早起きして朝ランで走った目黒川です。

6日は長谷戸小学校の入学式に行って参りました。
長谷戸小学校卒業式2012-2

先月広尾幼稚園の修了式で元気に
     「大きくなったら… 」
の夢を語ってくれた園児たちがピカピカの1年生になって
元気な姿を見せてくれました。

みんな校長先生や担任の先生のお話しを
     「はい!」

   「ありがとうございます。」

とお返事に保護者も来賓も思わずにっこり。

そして2年生のお兄さん、お姉さんっぷりには驚かされました。
キリッと引き締まった顔で1年生の歓迎の会が楽しく開催されました。

ご入学おめでとうございます。

これからみんなに運動会など学校行事で会えるのが楽しみです。
子育て・教育 | - | -
1/1