岡田マリ official blog

■ 「子ども発達相談センター」「はぁとぴあキッズ」ってこんなとこ

心をひとつにがんばろう
昨日は臨川小学校の運動会、今日は長谷戸小学校の運動会に行って参りました。

区議になって3回目の運動会。
あの時1年生だったみんなはすっかりおねえさん、おにいさんになって
頼もしくなっていました。
臨川小学校の運動会は午前中はお天気があまり良くなかったのですが、
こどもたちは元気に取り組み、そしてお昼前には空に青空が見えました。

どちらもみんなが元気いっぱいに運動会に取組んでいる姿、
こちらも元気をたくさんもらいました。

さて、今回のブログのアップはなかなかゆっくり書く時間が
取れなくて、時間が少しかかってしまいお待たせしました。

2008年5月に開設した渋谷区独自の児童デイサービス
はぁとぴあキッズについてその後のご報告です。
その時のブログはこちらです。

こちらの施設は2008年の開設時はもちろん、その後も冊子、HPの
「岡田マリ的渋谷区ガイド」調査で度々お話を伺いに足を運んでいます。
毎回訪れるた度に「はぁとぴあキッズ」の運営やプログラムはいつも
進化し続けています。

2階の「はぁとぴあ原宿」もそうなのですが、
「はぁとぴあキッズ」も両方ともスタッフのみなさんが元気で
明るく仕事をしている様子にいつも感心させられます。
両施設のスタッフとも年齢的に比較的若いスタッフなのですが、
みなさんいつもニコニコ対応してくださり、一人ひとりの仕事に
対しての前向きな姿勢が伝わってます。

ところで児童デイサービス「はぁとぴあキッズ」についてご存知ですか?

改めて渋谷区独自の施設、「はぁとぴあキッズ」と
「こども発達相談センター」についてご説明いたしますね。

子育て中のみなさんの中にはわが子が
     「はいはいをしない」
     「言葉が遅い」
     「みんなと遊ぼうとしない」
     「好きなことには夢中になるのだけれど、
      止められるとかんしゃくをおこす…」
など、気になることってありませんか?

同じ子育て中のお友だちに相談しにくい、
どこに相談してよいかわからないというときは、
こども発達相談センターにご相談を。

相談の内容によって福祉、心理士、言語聴覚士、理学療法士、
作業療法士、保健師らの専門スタッフによる相談が無料で
受けられます。
小児科医、児童精神科医、整形外科医による相談日もあります。

それらの各門家がどんな相談を受けているのか
渋谷区役所のホームページによると

・福祉:育児全般について、遊び方などの相談 

・心理士:発達全般や情緒的な問題、集団への適応などの相談

・言語聴覚士:ことばの遅れや聞こえなど、コミュニケーションに
関する相談

・理学療法士:首のすわり・はいはい・歩行などの

・運動発達の遅れや運動の問題に関する相談

・作業療法士:運動のぎこちなさ、手先の不器用さ、感覚の
過敏さなどに関する相談

・保健師:医療的な問題や健康管理、離乳食に関する相談

*さらに小児科医・児童精神科医・整形外科医による相談にも応じます。

と、1カ所で様々な専門家の相談が可能なわけです。

電話相談、専門スタッフによる面接相談(予約制)、
来所することが難しい場合でも、家庭へ訪問、幼稚園・保育園に訪問も
行っていますので、まずは気軽に相談してください。
対象:区内在住、0〜18歳までのお子さん、ご家族、関係機関の方。

子ども発達相談センター 電話:03-3405-9658。

子ども発達相談センターではどんぐりという
10カ月以上で就学前のお子さんの保護者とお子さんが
顔なじみのお友だちを作って楽しく遊んだり、保護者のみなさんが
意見交換ができたり、専門スタッフによる相談に応じたりする、
親子の遊び場も週に1回あります。
こちらも要チェックですね!

さて、その子ども発達相談センターを経て、
小学校に向けてソーシャルスキルの訓練や日常生活における
動作の指導などが必要な子は「はぁとぴあキッズ」での支援を受けます。
*その際に渋谷区への登録が必要になります。

利用者の子どもたちはいろいろな子どもたちと一緒に、いろいろな経験を
する中で、遊びを広げたり、ここでの集団生活を通して、
集団への適応力を高めたり、お父さんやお母さんとの関係を築き、
情緒の安定した意欲的な子どもに育てるなど、ひとりひとりに
あった「ねらい」をたて、保護者との相談の上、取組みます。

ひとりひとりにあったプログラムを設定して、週1日から5日
通園します。

「良く聞いて、見て、伝えるソーシャルトレーニング」や
セラピー・プログラムではミュージックセラピー、水泳、アート、
ポニーなどがあります。
そしてリズム体操、感覚統合訓練、リズム体操、季節の行事など
を通して、コミュニケーションスキルを培います。
とにかくここでは「今」必要なかかわりを一緒に考えていきます。

幼稚園に通っている子も午後グループを受けることができます。
園と情報交換を行うなど、連携をしっかりとはかっています。

保護者との取組みも様々あります。

さて気になる中の様子です。お部屋1
こちらは1,2歳児のお部屋。とっても明るいですよ。

お部屋2
こちらは3歳児のお部屋です。

そしてこちらはおトイレです。
様々な大きさのものが揃えてあり、「トイレトレーニング」をします。
おトイレトレーニング

トイレのドアにはこんな写真が。
写真もあると「トイレ」って理解しやすいですよね。
こうしたビジュアルで理解できるようになっているのは
コミュニケーション方法のひとつです。
ドアにも工夫が

こちらもお部屋
もうひとつのお部屋です。
一見普通のお部屋ですが、施設内の設備は決め細やな気配りが
たくさんあります。

プールもあります
夏はこちらのプールで水遊び。

職員には看護師、理学療法士、作業療法士がいます。
みなさん、明るくてプロ意識をしっかり持った
素晴らしい職員のみなさんです。
そして非常勤職員には内科医、児童精神科医、整形外科医、小児科医、
言語聴覚士、心理判定員もおられます。

施設内の設備、プログラム内容とハードソフト面において本当に
しっかりと整った施設です。

こうしたソーシャルスキルトレーニング(SST)は
できるだけ早い時期に取組む必要があると言われています。
一昨年訪れたフィンランドでも就学前のSSTはすでに
取り入れられており、その後、小学校以降は何の問題なく
過ごせるようになっているとのことを聞きました。

今から20年前に留学していた当時のアメリカでは
すでにSSTを取り入れており、幼少の頃にSSTを受けた
米国人の友人たちはみんなと同じようにカレッジライフを
満喫していました。

今後は小学校、中学校でのSSTが大きな課題ではありますが、
渋谷区では独自で就学前のお子さんには上記のような
「子ども発達相談センター」「はぁとぴあキッズ」という施設がありす。
他の市区町村からも多くの人たちが視察に来るというほどの
施設と内容です。

お子さまのためにも、ぜひご利用いただきたいと思います。
子育て・教育 | - | -

■ パワーヨーガで美しく - 働く人、ぜひ参加してみてください

渋谷区教育委員会スポーツ振興課の主催で「元気アップミドル」
という働く人向けのスポーツプログラムがあります。

パワーヨーガ1
以前参加させていただいた「元気アップミドル 男のエクササイズ」
の内容がすばらしく良かったので、今回も体験させていただきました。

私が参加したのはリフレッシュ氷川で開催される「パワーヨーガ」。
ヨーガインストラクターの長谷川麻美先生の指導の元、60分間のクラスです。

久しぶりのヨーガ。

最初は呼吸法などを丁寧に教えてくださり、ゆったりとヨーガの世界に
入っていきます。
とっても丁寧に指導してくださる長谷川先生はとにかくステキな
インストラクター。
あっという間の60分、とっても充実していて、心地よく汗をかき、
心も体もリセットされました。

毎週1回で全12回のこのプログラム。
費用はなんと無料です。
残念ながら今期はもういっぱいですが来年1月にも開催予定のようですね。

正直、「ミドル」というネーミング、ちょっと気になるかもしれませんが
ぜひ参加してみてください。

パワーヨーガのほかにもボクシングエクササイズ、ウォーク&ジョグ
のクラスもあります。
パワーヨーガ2

もちろん働く人以外のスポーツプログラムも充実していますので、
こちらも要チェックです。

ぜひこうした区役所のプログラムを体験してみてくださいね。
お知らせ | - | -

■ 氷川さまのお祭りで子どもたちはきらきらしてました

今月は渋谷区内ではお祭りがあちこちであります。
9月11、12日は恵比寿地区では氷川神社のお祭りがありました。
恵比寿、代官山地区のお神輿が氷川神社へと向かいます。
おまつりマリ1
(今回のブログは珍しく自分写真があります。
撮ってくださった方々、ありがとうございました。)

さて氷川神社のお祭りでは私はお神酒所でのお手伝い、
子ども神輿のお手伝い、そしてお手伝いの合間に
お神輿を担がせていただきました。

まずは子ども連合神輿です。
恵比寿地区の各町会の子どもたちが恵比寿公園に集合して
氷川神社まで行って帰ってきます。

こちらの写真は氷川神社に到着して、大人からお神輿の話を
聞いている様子。
こども日川神社2
みんな真剣に聞いていました。
こうした行事を通して地域の大人から日本の伝統や文化を体で
感じて学んでいく。
子どもたちはいつまでも覚えているんでしょうね…。

私は小学校1,2年生のお神輿のお手伝いでした。
渋谷駅前通過

ロータリー通過

帰りは恵比寿駅前を通って恵比寿公園まで帰ります。
とっても暑い日でしたが、みんな額に汗を流しながら
「ワッショイ ワッショイ」
と最後まで元気に担ぎました。

子ども神輿のお手伝いの合間に、やはりお手伝いしていた
大人のみなさんの半纏姿、撮らせていただきました。
恵比寿地区のみなさんの半纏です。
一番会商店街
こちらは一番会さん。
えびす様のお顔がいいですね!

恵比寿駅前商店街
こちらは恵比寿駅前商店街さん。
シンプルな「恵比寿」がカッコイイ。

西二
こちらは恵比寿西二丁目さん。
紺が多い中、目を引きますね

西一
こちらは恵比寿西一丁目さん。
こちらもシンプルで粋なんです。

南親和
こちらは原町さん。
鮮やかな色ですね。

南
こちらは恵比寿南です。
柔らかい緑色の半纏です。
(わたしもこれを着てお手伝いしました。)

上記、半纏姿写真にご協力くださったみなさんは
午後の大人神輿では気合が入り、担ぎっぷりには
本当に惚れ惚れするほどカッコよかったです。

半纏1
こちらは子ども神輿を一生懸命担ぎました。
おつかれさま〜

私は11日の宵宮から担がせていただきました。
渋谷橋
渋谷橋を通過中。

プライムスクエア2
プライムスクェア内にも入ります。

担いでます
肩にずしりとキテマス。

この数時間で筋肉痛となりました。

こちらは日曜日の明治通りの様子。
明治通り
明治通りの緑とみんなの白い半纏がきれいですね。

というわけで今年も暑く熱く盛り上がって、盛り上げて
おまつりマリ2
氷川神社のお祭りは無事終了しました。
みなさん、本当におつかれさまでした。

今週末、9月19日は金王八幡宮例大祭です。
渋谷109の前に14基のお神輿が並ぶ様子は必見!
いつもの渋谷とは表情が変わります。
ぜひお足をお運びください。
私もこの日は担ぎに行きますよ。
恵比寿エリア | - | -

■ 長野県にある宿泊施設に行ってみよう! - 青少年宿泊施設

9月2日3日と文教委員会で長野県須坂市にある
アクティブ峰の原 青少年山の家に行ってきました。

渋谷区在住、在勤、在学の方がご利用できます。
青少年施設とありますが、青少年以外のみなさんも
ご利用できますよ!

こちらの宿泊施設、青少年でなくても使用料は無料なんです!
なんと食事料1,900円がかかるだけ(朝食500円、夕食1,400円)。
14歳以下は食事料1,400円です。
ただし、タオル・歯ブラシ類は各自で用意してくださいね!

そんな施設を大公開!

入口
標高1500mに位置します。

BBQ場
BBQもできるこちらではミニゴルフもできます。

入口から建物もまで
エントランスからしばらく行くと白い宿泊施設が見えてきました。

峰の原2

峰の原1
ここがアクティブ峰の原の宿泊施設です。

靴を脱いで館内に入ると吹き抜けのロビーがあります。
ここは2008年に渋谷区民のスキー教室に参加した時に
夜にビデオ鑑賞会を行った場所です。
暖炉もあり、みんなで団欒するのにぴったりの場所です。
峰の原1F 

気になるお部屋です。
和室
こちらは通常の8畳の和室で、このタイプがあと12部屋あります。
和室のお部屋にはトイレ、洗面所はついていません。
お布団も各自で敷きます (← 使用料、無料ですから。)

バリアフリーのお部屋
バリアフリーの洋室もあります。
四阿山と書いてアズマサンと読みます。
バリアフリーのお部屋2
バリアフリーのお部屋3
基本的には上記の和室のお部屋ですが、バリアフリー用の
バストイレが付いている洋室がひとつあります。

お部屋から窓の外
今回泊まったお部屋からの景色です。
どこの窓の外からもこんな風景が広がっています。

お風呂
なんといってもおススメはお風呂。

お風呂の窓の外
お風呂からの眺望は北アルプスの山々が連なります。
温泉ではないのですが、この風景には癒されますよ〜。

段差あります
お風呂は3階に位置しています。
ちょっとわかりにくい段差は足元をこうして明るく工夫されています。

食堂
こちらはダイニング。

cena
こちらの写真は夕食です。(これにごはんとお味噌汁がつきます)
ボリュームもたっぷり。美味しいですよ!
これで1,400円ってかなりお得ですよね?
食事はすべてセルフサービスです。

夕陽
ダイニングの窓からはこんなにきれいな夕空が広がっていました。

colazzione
ちなみにこちらが朝食です。
ペロリと完食いたしました。

BBQもできます
ランチ時にはバーベキューもできます。(有料)
こちらは職員に事前にお問合せくださいね。

アクティブ峰の原のすぐ横には峰の原高原クロスカントリーコースがあります。
クロスカントリー

クロスカントリーコース
私も2kmのコースに挑戦しました。

クロスカントリーコース1
湿気のないカラッとしたおいしい空気、そして地面は
芝生、周りの景色も美しくてサイコーです。

クロカン上から
この日は関西方面から大学生がトレーニングをしていました。

スポーツランド
ちかくには菅平高原スポーツランド サニアパーク菅平
もあります。
こちらも多くの大学生が合宿の練習をしていました。

アクティブ峰の原の周囲は美しい自然でいっぱい。
咲いていたお花です。
お花1
お花2
お花3


トマト
こちらはアクティブ峰の原の職員の方が育てているトマトです。
甘くて美味しかったです。

きのこ狩り
こちらはアクティブ峰の原で10月に企画をしている「きのこ狩り」の
会場です。
ここで思う存分きのこを採って、後で選定し、きのこ鍋にして
みんなでランチをするそうです。
詳しくはこちらをご覧ください。
かなりの人気ですぐにいっぱいになってしまうとこのと。

冬はスキーがおすすめです。
アクティブ峰の原から板をはいてスキー場まで直行もできて
スキー場に囲まれています。
雪質がとってもいいんです!!

アクティブ峰の原はシンプルな宿泊施設ですが、職員のみなさんが
それはそれは清潔にしてくださっていて気持ちの良い施設でした。
山のことなども親切に教えてくださいますよ。

最近は山ガールの利用も多いそうです。

こうした青少年宿泊施設は他にも新島、東京都西多摩郡檜原村にも
あります。
ぜひみなさんもご利用くださいね!
渋谷区の施設 | - | -

■ 内容濃いです!- パパ・ママ入門学級

9月に入ったというのに本当に暑いですね。

とは言うものの、夜になると外はセミの声から虫の声。
秋ですね。

9月2日3日と文教委員会で「アクティブ峰の原(峰の原青少年の家)」に
行ってきました。
標高1500mの峰の原高原、涼しくてクーラーいらず。
近くにはクロスカントリーのコースやスポーツ施設、
「アクティブ峰の原」企画のきのこ狩りや冬にはスキー教室など
楽しい企画があります。
こちらの報告は次回のブログで紹介しますね。

さて、本日9月4日(土)の午後、渋谷区恵比寿保健相談所の
「パパ・ママ入門学級(休日編)」を訪れました。
パパママ入門学級
渋谷区では渋谷区役所本庁の保健所と恵比寿保健相談所、幡ヶ谷保健相談所
の3カ所で「パパ・ママ入門学級」が開催されています。

それぞれ講師は小児科の先生など異なりますが
本日の講師は渋谷区で大活躍の代田佳恵先生でした。
代田佳恵先生はとっても感じの良い、子育てに関しての知識を
多方面でたくさんもってらっしゃるプロ中のプロ。
看護師、助産師、渋谷区では新生児訪問員、
「マタニティヨーガ」、「赤ちゃんと一緒にヨーガ」などの教室を
やってられます。
何回か子育てのことでメールでやりとりをさせていただいたことは
あったのですが、実際にご本人に会うのは今日が初めてだったので
楽しみにしていました。

本日のプログラムの内容は代田先生の講義をはじめ、
参加したパパとママがペアを組んで
一緒にボディワークなどとにかく内容が濃い!

資料
こちらは本日配布された資料です。
「父親ハンドブック」はパパ必読です!

代田先生の実習ではボディワークを学びます。
ボディワークの中でパパがママのお腹や背中などに
さわってあげることによってリラックス効果、
早産の防止や産後の鬱が少なくなったり、パパが早く父性に目覚めたり、いいことがたくさんあるそうです。
どこをどうやって触ってあげたらママは癒されるのか、どのツボが
いいのかということなど大変わかりやすい説明で
みなさん実践しました。

代田先生のお話を聞きながらパパがママを労わりながら
ボディワークをする姿はとってもほのぼのとしていました。

更に講義の内容は産後のお話、マタニティーブルーについて、
母乳の話などにも及び、パパの協力の大切さを学びつつ、ママたちも
みなさん真剣に聞き入っていました。

印象に残ったのは産後、普通の生活はすぐにはできないのだから
まずは自分のこと赤ちゃんのことを優先して、あとの
身の回りのことなどは旦那さんやお母さん、シッターさんを
頼りましょう、ということでした。

私の子育てトークに参加してくれるみなさんからも
「頼れることは頼らないと体が持ちません」
という声をよく聞きます。

とくに寸前までお仕事をなさっているママたちは
産後すぐにがんばってしまうところがあるかもしれませんが
とにかくご自分の体と赤ちゃんを第一に考えましょう。
そのためには早いうちに「にこにこママ」
登録するのもいいかもしれませんね。

その後は保健所の保健師さんや助産師さんたちによる「お風呂実習」。
お風呂実習
こちらは主にパパ中心にやります。
パパたちは真剣そのもの。
職員はひとりひとり丁寧に指導していきます。
そして待っている時間にはパパの妊婦体験-赤ちゃんを授かったお腹の
ママたちがどんなに大変かを体験するもの。

その他先輩ママ・パパからのメッセージや赤ちゃんが生まれたあとの
区のサービス提供なども教えてもらえます。

本日のプログラム「パパ・ママ入門学校(休日編)」は
土曜日ということもあって、平日お仕事をしているママ・パパに
大変人気があるようです。

とにかく職員のみなさんの細やかな指導で大変充実した
入門学級でした。

こうしたお知らせは1日、15日発行の区ニュースに載りますので、
みなさんもチェックしてぜひご参加ください。
子育て・教育 | - | -
1/1