岡田マリ official blog

■ 追記 グランチェスター・メド―展@松濤美術館

5月23日まで松濤美術館で開催されている
渋谷区立松濤美術館主催、ブリティッシュ・カウンシル、
ケンブリッジ大学出版局後援の
「遥かなるグランチェスター・メド―」展は大好評のようです。

つい最近は約2年間イギリスに留学していたYさんから
「グランチェスター・メド―展」のうれしいコメントをいただきました。

ご本人のお許しをいただいて、こちらでご紹介させていただきますね。

「松濤美術館のグランチェスター・メド―展、本当に楽しみました!

地下の映像室に設置されたチェアーに腰かけて、
鳥のさえずりを聞きながら風景をぼんやり眺めていると、
本当に風景の中にいるような感覚でした。

グランチェスターへは残念ながら行った事が無いのですが、
近くのオックスフォードはお気に入りの地でした。
オックスフォードにもポート・メド―という湿地帯がありまして、
特にグランチェスターと似ていると感じました。
イギリスの田舎は肉眼で見ていてもまるで絵本の中に居るような、
薄いレースかフィルターを一枚掛けたような柔らかい風景ですよね。
そんな風景を映像で満喫し、そしてシルクスクリーンの作品も
とても美しかったです。 」

Yさんは現在お花のアトリエを渋谷区松濤で営んでらっしゃいます。
ロンドンのフロリストで積んだ経験などを生かしてYさんの作る
花束はどれも心がこもっていて色合いがとても美しく、英国の
グランチェスターのような美しい風景や自然に触れたていた経験が
生きているんだなぁ、とコメントを読みながら感じました。
どうもありがとうございました。

松濤美術館、地下1階はグランチェスターに流れる空間を
映像や音で展示会室全体で表現している癒しの空間が
広がっています。

図録
(図録より)

そしてシルクスクリーン展は本当にすばらしいですよ。

映像展

入館料は大人300円、小中学生100円。
みなさまもぜひ松濤美術館で英国の美しい風景に触れてみては
いかがですか。

岡田マリ的渋谷区施設サイトはこちら
渋谷区の施設 | - | -

■ 朝はやっぱり「おはようございます!」の挨拶から - 春の交通安全運動

4月6日から15日まで春の全国交通安全運動の期間です。

春の交通安全1
この交通安全運動は春と秋の年2回行われます。

私も3日間、町会の活動で交差点に7:45AMから30分間
旗振りしました。

旗振りをしているすぐ横では映画のロケをやっていたり、
交差点のところにあったよく行ったお店が引越し作業中で
ちょっと悲しい気持ちになったと思ったら、
ご近所さんなのになかなか会えなかった
お友だちとのしばらくぶりの嬉しい出会いがあったり…
と朝の交通安全の旗振りはなかなか楽しいもの。

この旗にはボタンがあって、そこを押すと
「ピーーーーッ」っと笛の音が鳴るスグレモノ。
春の交通安全運動2
そこを通る小学生や中学生たちとも顔見知りになりました。

この時期は新1年生たちが緊張した面持ちで大きなランドセルを
背負って一生懸命歩いているのがとっても微笑ましいです。

私が小学校の新1年生だったころは近所のお姉さんやお兄さんが
お迎えに着てくれて、みんなで一緒に登校したけれど、
今は通勤前のお父さんやお母さんが一緒に学校の近くまで
送っていくようです。

小学生や中学生に
       「おはよう!」
と声をかけると
      「おはようございます」
とちゃんと返ってきて
信号の色が変わって
     「気をつけてね、いってらっしゃい」
には、みんな
     「はい」
と返事をして登校していきます。

挨拶ができない子は様子を見に来た校長先生に
「ちゃんと挨拶をしなさい」
と注意をうけて、次からはちゃんとするようになります。

もちろん大人も
    「おはようございます」
と挨拶を交わします。
ただみんながみんな挨拶は返ってきません。

ふと、先月出席した幼稚園の終了式で、
園長先生が卒園する園児たちに約束したひとつに

「小学生になっても挨拶をしっかりしましょう!」
というのがあったのを思い出しました。

園長先生は園児たちに
「だんだん大人になるにつれて
「おはようございます」や「ありがとうございます」
などの挨拶をしなくなってしまう人が
いるけれど、みんなはこれからも大きくなっても
しっかり挨拶をしましょう!」
ということをお話してられました。

その時園児たちは
「はい!」
「はい!!」
と元気にお返事をしていました。

きっとみんなはこの時期の交通安全運動でもちゃんと
ご挨拶しているんでしょうね。

交通安全運動は明日までです。

「おはようございます」で始まる朝は気持ちのよいもの。
ぜひみなさんも声をかけてみてください。
活動 | - | -

■ 松濤美術館で英国を知る

本日は小学校の入学式でした。

ご入学おめでとうございます!

私は地元の長谷戸小学校に出席しました。
長谷戸入学式
今年は33人の新一年生が入学しました。
みんなちょっぴり緊張しながらもきちんとお返事をして
いい子たちばかりでした。

さて、本日より松濤美術館では
志村博がシルクスクリーンと映像で綴る
ケンブリッジ大学創立800周年
「遥かなるグランチェスター・メドー」展が開催中です。
松涛美術館外
地下1階の映像、2階のシルクスクリーンの展示、図録は
グラフィックデザイナーの勝井三雄氏のアートディレクションです。
これまでの松涛美術館の展示では見たことがなかったような
空間が地下一階には広がっています。

”グランチェスター”とはイギリスの学園都市ケンブリッジから
南3kmにある小さな村の名前だそうです。

私は訪れたことがないのですが、
志村氏の松濤美術館に展示されている
美しいシルクスクリーンや映像を見ていると、
「ぜったいいつかは訪れてみたい!」
と思ってしまいました。

シルクスクリーンの色の美しさといったら必見です。

グランチェスターの明け方から夜中までの一日の
ゆっくりとした時間の流れとともに、草地や木々の広がる自然が
太陽、雲、星、霧、雪、もやなどでうつりゆくパープル、ブルー、シルバーなどの
色合いはなんとも言えず美しく、とても心安らぎます。

勝井三雄氏デザインの図録の装丁は隅々までこだわりのある
デザイン、そして内容も読み物としてもとても興味深いです。
図録1

図録2
カバーをはずし「背」の部分はなんと英国の国旗柄が!

「遥かなるグランチェスター・メドー」は松涛美術館で
4月6日から5月23日まで開催しております。

ぜひお足をお運びください。

岡田マリ的渋谷区施設サイト:渋谷区立松濤美術館編はこちら
お知らせ | - | -
1/1