岡田マリ official blog

■ 3月1日「はつらつセンター参宮橋」オープン!

2月も残すところあと一日。
今日は先ほどまで外は雪でした。
こんな日は外出には長靴を利用しています。
もともとずいぶん前に夏の音楽フェスに行くために購入した長靴ですが
今では夏の「夕涼み会」などのイベント事でも大活躍。
もちろんこんなお天気の日も長靴をはいていると、雪でも雨でも元気に
歩けるんですよ。

さて、区内で3箇所目になる「はつらつセンター」が参宮橋にできました。
ご高齢者や区民のみなさんがたのしく利用できる施設です。
表

「はつらつセンター」参宮橋は小田急線、参宮橋駅からすぐの
ところにあり、とっても便利。
施設は公園と隣接になっていて、目の前には美しい公園のパノラマ
が楽しめて、リラックスできます。
目の前は公園

3館共通して施設内には多目的ホール(カラオケもできます)、
体操などができる多目的室、浴室やマッサージチェアや血圧計のある
リラクゼーションルームがあります。
マッサージチェア
血圧計

多目的ルーム、多目的室は団体登録をして利用できます。
利用料金は無料です。

そして浴室とリラクゼーションルームは個人利用も可能です。

浴室は11:00〜16:30mは60歳以上の方が無料でご利用できます。
17:30〜20:30は59歳以下の方も利用でき、この時間帯は
60歳以上の方も400円になっています。
たまには広いお風呂でのんびり、そしてマッサージチェアで
リラックスなんていいですね。
お風呂small

ちなみに「はつらつセンター」の名前公募で選ばれました。

電話をすると職員の方が「はつらつ」と対応してくださいますよ。

ぜひご利用ください。
屋上からの景色
こちらは屋上からの景色です。


「はつらつセンター参宮橋」 ?:5352-8805
「はつらつセンター幡ヶ谷」 ?:3374-0785
「はつらつセンター富ヶ谷」 ?:3467-4671


*この週末2/28,3/1は上原社会教育会館、恵比寿社会教育会館では
「社教館まつり」が開催されます。
バザーや餅つき、手作りのおいしいものや、ダンス等の
パフォーマンスなど盛りだくさんです。
ぜひお足をお運びください。
お知らせ | - | -

■ 縦割りが横に - 子ども発達支援センター&渋谷子育て支援センター開設披露

神宮前3丁目の渋谷学童館跡地に「渋谷区子ども発達相談センター」と
「渋谷子育て支援センター」が開設されました。
表示
今日はその合同開設披露がありました。
建物1

同じフロアに「子ども発達支援センター」と「子育て支援センター」が
入っています。


「子ども発達相談センター」ではお子さんの発達や子育てで悩んでいる、
不安を抱えているお父さん、お母さんに専門スタッフが対応します。
そのほか「どんぐり広場」ではお子さんとお母さんのための遊びの場の
提供、「出会いグループ」ではお母さん同士が子育てに関する情報などの
交換ができたり、子どもたち同士のふれあいの場です。

こちらは「子ども発達相談センター」の相談室です。全部で4室あります。
相談室
こちらは「子ども発達相談センター」プレイルームです。
発達相談センター

実は「子ども発達相談センター」はお隣の「はぁとぴあ原宿」に
入っていたのですが、移転し、さらに充実の施設となりました。

7つ目になる「子育て支援センター」も神宮前地区では念願でした。
こちらの支援センターにはランチルームもあります。
ランチルーム

そしてこの建物の上には渋谷保育園があります。

これからは「保育園」「子育て支援センター」「子ども発達相談センター」
おとなりの「はぁとぴあキッズ」が連携して事業を行っていくことになります。
これって当たり前の流れのようで、実は区役所的には大きな
前進なんです!

実は「岡田マリ的渋谷区ガイド」を作るにあたり色々とリサーチをしていた時、
あまりに横の関係がないことに何度驚いたことか…。
所謂、同じ部署の人たちの中ではきちんと連携できているのに、
それが異なる部署同士だと「対岸」の存在のように思えました。
もっとお互いが連携を取ればうまくいくこともたくさんあるだろうに…、
と思っていたので、今回のこの流れは本当にうれしいことです。

この試みがひとりでも多くの子どもたちの笑顔につながりますように…。
お知らせ | - | -

■ 子どもたちは元気いっぱい - 全日授業参観

土曜日は長谷戸小学校の全日授業参観<道徳授業地区公開講座>に
行ってきました。

公開授業

その日は朝から道徳、音楽、図工、社会、算数、国語etc.と
様々な授業を見学することができ、保護者や地域のみなさんが
たくさん来られていました。

道徳の授業では6年生は「自由の中の責任」が主題でした。
”インターネットの他人への誹謗・中傷”について触れていて
ネット世代に育った6年生みんなの意見は非常に興味深かったです。
大人以上に”ネット”に対して冷静に判断できているようにも
思えました。

そして一年生の道徳の主題は「じぶんの力で」。
ここでは一年生の成長ぶりに驚かされました。
入学式ではにかんでいた一年生たちが、先生が何か質問すると
「はい」「はーーーい」
と元気に手を上げて、先生にさされると
すっくと立って発言していました。
まだあれから約11ヶ月、元気に学んでいる姿にうれしくなりました。

さらに卒業前の6年生のために5,6年生のサッカー大会もあり、
大人が寒さで縮こまっている中、子どもたちは半そでの
体育着姿で元気に運動場でサッカーをしていました。
きっと良い思い出となったでしょう。

長谷戸小学校の様子が隈なく見ることのできた授業参観、小学校は
元気なエネルギーであふれていました。
活動 | - | -

■ 「渋谷区子育て、女性ガイドHP版」完成しました!

「岡田マリ的 渋谷区子育て、女性ガイド」のホームページが
ついに出来上がりました。
こちらからご覧下さい。

昨年12月の日経新聞の行政調査で渋谷区は「子育て環境ランキング」で
堂々1位に輝きました。
確かに渋谷区の子育て支援は充実しているのですが、みなさん知らないことが
多いのではないのかしら、と感じていました。

そこで女性の目線、子育て中の人の目線で作ってみました。

色々調べながら渋谷区は本当に様々な支援があって、充実しているなぁ、と
感心しましたし、これらの支援をみなさんに知っていただけるというのは
本当にうれしいことです。

新しい情報は「ニュース」に更新して参りますので、まめに
訪れていただけましたらうれしいです。

さらにより良いものにしていきたいので、皆さんからの
ご意見をいただけましたらありがたいです。

今回のホームページ製作にご協力いただいたみなさんに
心から感謝申し上げます。
本当にどうもありがとうございました。
お知らせ | - | -

■ 今年も力作95点 - 松濤美術館公募展

公募展
2月8日〜2月22日まで松涛美術館では「公募展」と
「とよた真帆絵ときもの展」を開催しています。

今年は254点の応募の中から入選作品95点、そのうち8点が
受賞作品に選ばれました。

みなさんおめでとうございました。

油絵、水彩、版画、日本画などの9作品はいつものように
見応えあります。

松濤美術館賞を受賞した酒井七美さんの作品は「着物の上のカーニバル」。
カーニバルのマスクと着物が見事に描かれていました。
着物とマスクの発想!!
この絵をイタリア人の知り合いにもぜひ見せてあげたいなぁ、
と思ってしまいました。
ご本人もブルーの美しい着物がとても似合っていらっしゃいました。
おめでとうございました。

そしてこちらは優秀賞「リズム」を受賞した中村嘉宏さんの作品。
ご本人の許可をもらって写真を撮りました。
small
実は中村君は飲み友だちです。
初挑戦の本人は今回の受賞結果を聞いて大感激だったとのこと。
中村君、おめでとうございます!

受賞作品以外の作品もとにかくひとつひとつが素晴らしいので
時間に余裕をもってお越しになるのをおススメします。

作品

ちなみにこの公募展は渋谷区在勤、在住、在学の人なら挑戦できます。
松濤美術館に自分の作品が飾られるなんてステキじゃないですか?
ぜひご興味がある方、お足をお運びくださいね。
入場料は無料ですよ!
次回ももっともっとたくさんの方が挑戦して下さったらいいなぁ、
と願っています。

岡田マリ的渋谷区施設サイト:渋谷区松涛美術館ページはこちら



そして松涛美術館の2Fではとよた真帆さんの
「絵ときもの展」が開催されています。
こちらはとよた真帆さんのほのぼのするタッチの作品に癒されますよ。
とよたまほ
お知らせ | - | -

■ 心のこもった作品展

新年会もそろそろ落ち着きつつあります。

昨年は新年会に行っても正直、あまりみなさんのことが
わからなかったのですが、今年は

「あ、よくあの道で会う人だ!」

「ラジオ体操にいつも来ていた人だわ!」

「盆踊りで一緒に踊った人だ!」

と顔なじみの方がいるのはとってもうれしい。

相変わらずみなさんの前での挨拶は今でも緊張して
頭が真っ白になることもありますが、それでも
みなさんが聞いてくださるというのは本当にありがたいことです。

その新年会は昨晩はなかったので、今朝は久しぶりに
早起きして今年初めての太極拳に行ってきました。
朝のガーデンプレイスで朝日を浴びながらの太極拳で
体はとっても喜んでいました。

さて、今日は「リフレッシュ氷川」「恵比寿社会教育会館」の
シニアクラブの展覧会に行ってきました。

恵比寿

今年で第22回の作品展。

リフレッシュ
看板も手作りです。

両方で288作品が展示されています。

どの作品もみなさんの人生の経験や心が詰まっていて、
なんとも味のある仕上がりで、じーんとくる作品です。

掛け軸、書、水墨画、水彩画、ちぎり絵、水墨画、写真、
編み物作品、人形、手縫いのスーツ、シルバーネックレス、紙人形等。

恵比寿全体

おもしろいのは「新聞で作ったブローチ」や「ペットボトルのキャップを
利用して作ったビーズのブローチ」というのもありました。
ペットボトル


会場には作品を作った方もいらっしゃって、お話できるのも
楽しいひと時です。
わきあいあい

みなさん揃って和気藹々。
美味しいお茶によばれました。

展示会は2月7日の3時までやってます。

おばあちゃまやおじいちゃまが出迎えてくださって
元気をたくさんいただけますよ。

ぜひお足をお運びください。
お知らせ | - | -

■ 「男らしさ」「女らしさ」について

1月31日は渋谷女性センター・アイリスにおいて
「渋谷から広げよう幸福(しあわせ)のレシピ」というテーマで
「しぶやフォーラム2009 男女共同参画社会実現をめざして」
が開催されました。

フォーラム2

その前に「渋谷女性センター・アイリス」ってご存知ですか?
HPは こちら
ご覧いただけたらおわかりになると思いますが、
決め細やかに充実している施設ですよ。

たとえば…、

情報資料室では男女参画関係の図書も充実しておりますし、
ゆっくり調べ物もできる閲覧コーナーもあります。

広々としたサークル活動室、和室と隣接された保育室は
和室からガラス越しに見られるようになっています。
サークル活動をなさっているママにも人気のスペースです。

弁護士さんによる法律相談、再就職アドバイザー、
心理カウンセラーによるなんでも悩み事相談も無料で開催されています。
相談室は明るいお部屋でリラックスして相談できます。
相談は予約制ですので、ぜひお気軽にお電話していただいて
ご利用ください。

会議室では講習会や講座も開催されています。
アイリス・シネマでは映画鑑賞会も行っています。
講座は「DVについての特別講座」、そして連続講座では
過去には
「書いて磨こう表現力」-人に伝わる文章の書き方- 
が開催されました。
PTAや町会などの活動などで文章を書く機会がある方って
結構多いのではないでしょうか?
お子さん連れでも事前申し込みをすれば託児もありますので
安心して参加できます。

会議室、和室、体育室は団体登録をなさった方ですが、アイリスセンターは
個人でも団体でも利用法はいろいろあると思いますので、ぜひ
一度お足をお運びください。

さて、1月31日の「しぶやフォーラム2009 
男女共同参画社会実現をめざして」では寸劇を見ながら、テーマに沿って
フロアトークするという時間がありました。

アイリス2

サークルCによる寸劇は可笑しくてげらげら笑いながらも、
いろいろ考えさせられる大変興味深い寸劇でした。

その中で「男性は男らしく、女性は女らしく」がトピックでトークをしました。
驚いたのは、私が想像していた以上に「男は男らしく、女は女らしく」
ということに賛成した人が会場の中で多かったことです。

私は米国に留学したり就職先が外資系だったり、男兄弟の中で育ったせいか、
今まで「女らしくしなさい」と言われたことってあまり記憶になく、
「女だから」という、視点で行動したことがあまりなかったように
思います。

確かに町会や消防団では「男」「女」の役目がはっきりしているように
思えます。
(あ、議会でもそれは少し感じますね…)
最初は「女性だから」という「物差し」に驚いたのと同時に、
「こういう世界もあるんだなぁ」と外国文化のように漠然と受け入れました。
しかし実際、町会や消防団のみなさんと行動を一緒にしてみると、
「男らしく」「女らしく」を受け入れることによって
物事がうまくまわっているというのも事実です。

ちなみにイタリアも地域によっては「男らしさ」「女らしさ」を重要視する
場所がありましたね。

さて、そのフロアトークの中である女性の町会長が
「男や女で分けるのではなく、その人個人の良いところを
受け入れていくことが大切だと思います」
と仰っていたのが印象に残っています。

私もそれに同感です。
男性、女性の前にみんなそれぞれ個々の良いところは
あるのだから、まずはそちらに目を向けていくのが
いいのではないか、と思います。
そしてその人の良いところ=「個性」を上手に生かし、
伸ばして、その人が幸せになれる方向に押し出してあげることが
必要ではないかな、と思うんです。

色々と参考になり、考えさせられたフォーラムでした。

関係者のみなさん、おつかれさまでございました。
活動 | - | -
1/1