岡田マリ official blog

■ 今年1年を振り返って

2008年もそろそろ終わろうとしています。
今日は今年一年、心に残った出来事について書きますね。

「岡田マリ的渋谷区ガイド」を作ったこと、海外都市・文化交流で
トルコ、フィンランドに行ったのも大きな出来事でした。

個人的なことですが、4月から週に1回、または2回アシスタントさんに
お手伝いをしてもらっています。
議員の仕事が始まった当初は「ひとりでも大丈夫。」
と思っていましたが、一人で全てを抱え込んでミスをしたり、
精神的にちょっぴり苦しい時期もありました。
このままではいけない、とお手伝いをお願いしたのです。
今までに2人の女の子がお手伝いしてくれています。

そのうちの一人、Kちゃんは20代の明るい元気な女性。
そんな彼女からはフレッシュなアイディアをたくさんもらいました。
一緒にランチに行くと明るいKちゃんはすぐにみんなの人気者。
とってもしっかり屋さんで、「マリちゃん、しっかりしてください!」
と怒られることもしばしばありました。
そのKちゃんは秋にニューヨークに留学のため、旅立ちました。
「岡田マリ的渋谷区ガイド」はKちゃんがいなかったらできなかったほど
色々手伝ってもらいました。
今はNYで元気に暮らしているKちゃんの近況を聞くのが
楽しみな今日この頃です。

そして今お手伝いをしてくれているHちゃんは、お願いした以上の
ことをてきぱきとやってくれて、無駄のない仕事っぷりには
頭が下がります。
時にはするどい突っ込みで私に刺激を与えてくれ、いつも
元気に明るく仕事をしてくれます。
KちゃんやHちゃんとの会話の中には区政へのヒントもあふれていて
とっても参考になります。
こんなステキなアシスタントさんに恵まれ、しっかり支えてもらった2008年でした。

そして今年は人生初の松葉杖を手にした年でした。
small2
第三回定例会の前の9月、突然足に激痛が走り、動くのも困難になってしまいました。
お医者さんに行ったところ、「石灰沈着性股関節炎」ということで、
松葉杖をわたされました。
とにかくこれが常に激痛なのです。
座っていることも寝ているのもつらい。
そんな時、みんなの親切が身にしみました。
一般質問の準備ですぐには病院に行けず、ムリをしていた私に、
自分も捻挫で足が痛いのに松葉杖を貸してくれた友人、
動けない私にごはんを作りに来てくれたり、お弁当を買ってきてくれた友人、
タクシーの運転手さんの心優しい気遣い、夜痛くて寝られない時に夜中にも
かかわらず電話でおしゃべりに付き合ってくれた友人…。
本当にありがたかったです。
結局一週間ほどで痛さは治まりましたが、健康の大切さが身にしみました。
それ以降、どこか痛そうな人やゆっくり歩いている高齢者見ると
思わず駆け寄って何かをしてあげたくなります。

それまでの自分は人の痛みがわからず、きっとわかろうともせず、
上から目線だったと反省しました。
たまには痛い思いをするのも悪くない、そう感じさせられた
松葉杖体験でした。

そして最後に、こちらの写真は岡山に住んでいる祖母の家の近くの風景。
吉備津神社回廊
11月岡山に住んでいる父方の母、私の祖母が100歳で天寿を全うしました。
ここ数年、毎年その時期は祖母に会いにいっていたのですが、
今年は祖母と最後のお別れで行くことになりました。
葬儀には久しぶりに会ういとこたちも全員集結。
みんな昔一緒に遊んだあの子どもの頃のように泣いて、
あらためて祖母の偉大さを実感しました。
法事もつい先週終え、一区切りつきました。

そんなこんなの2008年も夜警を残してあと数日で終わります。
様々なことがあったけれど本当に良い1年でした。

さてさて、来年の計画や思いはすでにテンコ盛り。
今からたのしみです。

どうぞ良いお年をお迎えください。
プライベート | - | -

■ 議員の海外視察について思うこと

トルコ・フィンランド都市・文化交流の報告会を区内4ヶ所で行いました。
今回行ったメンバーみんながそれぞれの思いを述べ、改めて勉強になりました。
お越しくださったみなさん、ありがとうございました。

さて、行く前から考えていたのですが、「議員の海外視察」とは
一体議員一人ひとりが何をすべきだろう?とひっかかっていました。
新聞でもよく記事になっていますように、非常にわかりにくいし
みなさんが理解できないのもよくわかります。

今回9月にトルコ・フィンランドの海外都市・文化交流に参加し、
ヴァイオリンを弾かせていただき、帰ってきてからは第3回定例会で
海外都市・文化交流でのことを提案しました。
トルコとの次のステップは区民のみなさんとの交流へとつながっていく
ことにもなりつつあります。
それでもどこか納得できなかったのですが、報告会を重ねるうちに
見えてきたことがありました。

今回は「海外都市・文化交流」で行きました。
みなさんにとっては「海外視察」も「海外都市・文化交流」も
一緒だと思います。
なのでここでは敢えて「海外視察」と書きますね。

普通、民間の企業や団体が海外出張に行ったら、契約を取ったり、
話を決めてきたりなど、必ず何か結果を持ち帰ってきます。
何か結果を持ち帰ってくるからこそ海外まで行く価値があります。

じゃあ議員はどうやって結果を見せるの?

今回は「海外都市・文化交流」が目的でした。
これまで培ってきたトルコとの交流、そして今回新たにフィンランドとの交流を
経て学んだことを渋谷区に反映させていくことです。

私が思うに、
議員の海外視察は海外で得たこと、見てきたこと、感じたこと、
学んだこと、気づいたことを今後の渋谷区政やまちづくりに反映させるために
行くのだと思います。

ただすぐに目に見えての反映できるというのではなく、それは日々の活動
や生活のなかで結果を出していくことではないでしょうか。

戻ってきてから日々を過ごしていると、今回訪れたトルコ、フィンランドには
渋谷区のまちづくり、子育て、教育、福祉などの点で生かせるヒントが
散りばめられていたことに気づきました。
もちろん丸ごとそっくり真似するのではなく、トルコやフィンランドの
スパイスを効かせて渋谷区風に上手にアレンジをして生かせたら
もっとよくなりそうなことがたくさんあります。

だから報告会後も私たちの「海外視察」はまだ終わっておらず、
私たちはこれからも今回の海外視察で得てきたことをフィードバックする姿勢を
いつも持ち続けていくことが必要だと思います。

そんなことが見えてくると、「あれも、これもやってみたい!
取り入れてみたい!!」
と新たにムクムクとアイディアが浮かんできます。

「議員の海外視察」、本当に見えにくいとは思いますが、ご理解いただけたらうれしいです。
海外都市交流 トルコ・フィンランド | - | -

■ やきいも大会&もちつき大会

ちょっぴりカゼをひいてしまいました。
熱はないものの、鼻と喉をやられてます。
そんな中で、この週末はこどもたちから元気をたくさんもらいました。

土曜日は恵比寿公園では連合子ども会のやきいも大会。
この日もたくさんの子どもたちが集まりました。
七輪でおもちやソーセージを焼いて、集めた落ち葉でやきいもを焼いて
みんなで食べます。
寒い空の下にもかかわらずこどもたちは元気いっぱい。
やきいもが焼ける間はみんな公園で元気に遊んでいました。
子ども会のみなさん、地域のみなさん、おつかれさまでした。

そして日曜日は消防少年団の30周年のもちつき大会のお手伝い。
こちらはあいにくの雨。
消防署の駐車場でもちつきは行われるので雨でも支障はないのですが
それでも底冷えがします。
私はものすごい重ね着にエプロン姿、頭には手ぬぐいというおかしな
格好。
対して消防少年団のこどもたちは制服の半ズボン姿。
こちらもみんな元気いっぱいでまるで兄弟姉妹のように仲良しです。
みんな目をきらきらさせておもちをちぎったり、丸めたりきなこやあんこをまぶしたり、
とわたしのカゼもどこかに吹っ飛んでしまいそうな勢い。
私は先週に引き続きのもちつき大会のお手伝い。
おもちを形良く丸くするのも大分慣れました。
もちつきがあるといよいよ今年もエンディング、と実感しつつある
今日この頃です。

みなさんもカゼに気をつけてくださいね。
活動 | - | -

■ 豪華競演! - 素朴美の系譜@松濤美術館

明日から渋谷区立松濤美術館で「素朴美の系譜」展が開催されます。

見ごたえ十分です!
訪れる方は少し時間に余裕をもって行かれると良いかもしれません。

「素朴表現」「素朴美」という言葉を調べたところ、
庶民的な絵画、自由素朴な自己表現。
室町時代のお伽草子絵巻や江戸時代、近代と昭和までたくさんの作品が
あったそうです。

さて、今回の松涛美術館、時代も平安時代から昭和まで、南画、絵巻、墨絵、
版画、陶器、油絵、本の挿絵などが重要文化財含め、全76点が展示されています。

"素朴表現”はシンプルでスッと見れて、でもそれぞれの作品の背景までもが
想像できるような、シンプルな中に強烈な印象を残します。
多くの作者の作品が展示されておりますので、バラエティに富んでおり、どれも新鮮です。

ずっと昔に教科書の中で見た白隠慧鶴、岸田劉生や棟方志功の作品も
ありました。

さらには松尾芭蕉や与謝蕪村、夏目漱石、武者小路実篤など。
それぞれの俳句や文学の内容を思い起こさせる作品です。

まだ十代の頃、自分で初めて自分で見に行った梅原龍三郎の作品も
あって感激しました。

今、学校などでこれらの絵や俳句や文学を授業で学んでいる児童、生徒が
この作品展を訪れたら、きっと楽しいでしょうね…。

前期・後期に分かれていて前期は12月9日から28日。
後期は1月4日から25日です。

松涛美術館は毎週金曜日は夜7時まで開館しています。(入館は6時半まで)

入館料300円というのも魅力です。

ぜひお足をお運びくださいませ。

展示案内はこちらをご覧ください。
松濤美術館はこちらです。


素朴美
お知らせ | - | -

■ ふるさとの味 - もちつき大会

とっても寒い今日、町会の子ども会のもちつき大会でした。

雲ひとつない青空の下、でも木枯らしにちょっぴり震えながらの
もちつき大会。

朝から準備をはじめて、町会のみなさんと一緒にトン汁の野菜を
切ったり、大根をおろしたり、と大忙し。

あまりの寒さに、「こんなに寒くて人が来るのかしら?」
という思いと裏腹に、たくさんの子どもたちで会場の
公園は賑わいはじめました。

今年の私の役目はつきたてのおもちを小分け丸める係。
最初はいまひとつコツがつかめなかったのですが、
「このおもちの味がこの子たちの”ふるさとの味”になるのよ」
という一言でスイッチが入りました。
”ふるさとの味”、なるほどね〜。
実は寒くて縮こまり、もたついていた作業でしたが、
途端に心を込めてテキパキと進みだしました。

たしかに、子どもの頃に食べたおもちの味って”ふるさとの味”ですね。
私も子どもの頃に参加していた町会の「もちつき大会」はいまだに良く覚えています。
会場、おもちの種類、友だちたち、あのときおもちをついていたオジサンたち
まで覚えています。
その「もちつき大会」のおもちは私にとって”ふるさとの味”です。

会の最後に子どもたちが列を作って順番待ちをしていた「杵でおもちをつくこと」
はきっとおもちの味を何倍も美味しくしたことでしょう。

そして子どもがおもちを受け取った際には
「何て言うんだっけ?」
という大人の声と
「ありがとうございます」
という子どもの声。
そんなやり取りもたくさん耳にしました。

昨日、長谷戸小学校の学芸会ではつらつ演技で輝いていた
子どもたちもたくさん来てくれました。
夕涼み会で会った子たちも、ここ数ヶ月で成長していて、
びっくりです。

”ふるさとの味”とは、大人たちから子どもたちへの
思いやる気持ちや愛情がスパイスとなっているのかもしれません。
それは今後もずっと引き継がれていきますように…。
活動 | - | -
1/1