岡田マリ official blog

■ 映画「夜間もやってる保育園」を見てきました

3連休、保育園の運動会などにおじゃまし、恵比寿では「ビール坂祭り」や
「恵比寿文化祭2017」などが開催され、多くの人たちで賑やかでした。

3連休最終日、とても気になっていた映画
「夜間もやってる保育園」
を見に行ってきました。

夜間も

渋谷区内には夜間も通える認可保育園はありません。

全国で夜間の認可保育園は全保育園の0.3パーセントだそうです。

新宿区にある「エイビイシイ保育園」は東京で唯一24時間体制の認可保育園、
この保育園のドキュメンタリー。

さらに北海道、沖縄、新潟県では認可の夜間保育園、また新宿区の認可外の
夜間保育園も取材をしています。

夜間も預ける親御さんの働き方は様々。
飲食店を営む夫婦、省庁の職員、ダブルワークで仕事をしている
タイ人のお父さんとレストランで働くお母さん、少しでも時間の融通が利くように
子どものために自分のお店をオープンしたシングルマザー、ドクターなど。

そういえば私もこれまでに
飲食店でお仕事をされている方、百貨店で働いている方、クリエイティブの方、
芸能関係の方などフリーランスの方などから
「渋谷区で夜も預けることのできる保育園はどこですか?」
というお問合せをいただいたことが何回かありました。

実は夜間もやっている保育園を利用されたい方は多いのかもしれません。

この映画を見て、家族のあり方、働き方、園内で実施している療育プログラム、
昼と夜と園で食べるからこそこだわる完全オーガニックの給食、
ベテランの園長先生でも試行錯誤の園の運営、保育園卒園後の学童など、
とても考えさせれ、まだまだ取り組むべき課題など実感させられました。

ちょうど大宮浩一監督の舞台挨拶もあり、少しお話させていただける機会も
あってうれしい日となりました。

「夜間もやってる保育園」おススメです。

さて、連休中、「ビール祭り」でお手伝いをしていたら、子育てトークに
参加下さった方たちが何人か声をかけてくださいました。

「何とか保育園に入れて楽しく通っています」
「入れましたがちょっと遠くて区内で引っ越しをしました」

とか

「来年度に向けてがんばります!」
など。

来年度の保育園入園申請が始まります。
「待機児童対策」をテーマに子育てトークを開催しますので、ぜひご参加くださいね。
これまで11年間待機児童についてみなさんのお声を聞かせていただき、
議会で提案、届けてきました。

今回もお伝えできる限りの情報をみなさんにお伝えいたします。
またみなさんとの意見交換も楽しみにしています。
子育て・教育 | - | -

■ おやこ基地シブヤが開設しました!

初台「おやこ基地シブヤ」が10月に渋谷区初台に開設しました。
障がい児保育園、認可保育園、小児科、病児保育室が同じ建物にはいっている
複合施設です。

こちらは外観です。
おやこ基地外観

1階は渋谷区初の障がい児保育園「ヘレン」が開設しました。

渋谷区のホームページによると「障害児保育園へレン初台」

「主に保護者の就労等の理由により保育を必要とし、かつ障害や疾病等により
集団保育が著しく困難であると判断される子どもを対象に、子ども・子育て支援法の
居宅訪問型保育と連携しながら、児童福祉法の児童発達支援による療育を実施」

となっています。

これまで重症心身障害児や医療的ケアの必要なお子さんは保育園に預けることが
困難で親御さんは大変ご苦労されてきたことと思います。
障がい児保育園が区内で開設されたことは大きな大きな一歩となりますね。

利用手続きは3つのステップとなりました。

第一ステップの施設への申込は認定特定非営利活動法人フローレンスへ。

第二ステップの居宅訪問型保育の申請については渋谷区保育課入園相談係にご相談ください。

そして第三ステップ、施設利用内定後は児童発達支援の申請となります。
福祉部障害者福祉課相談支援係となります。

「ヘレン」の詳細についてはこちらをご確認ください。

そして「おやこ基地シブヤ」の2階には「みんなのみらいをつくる保育園初台」。
明るい園内は1歳児からの保育園。
みんなのみらいをつくる保育園園内

3階は小児科「マーガレットこどもクリニック」
が開設しました。

小児科
温かみのある院内。
土曜日の午前中も受診できます。

そして同じフロアの3階は小児科とこちらも念願だった「病児保育室 フローレンス初台」も開設しました。
病児保育室

3階は保育園とは違う入口でエレベーターで3階に直接行くことができます。

利用用は1日あたり2,000円(区外在住の人は1日あたり5,000円)。

保育園でお預かりしているお子さんが発熱等で親御さんのお迎えをされているかと
思いますが、「病児保育室 フローレンス初台」では登園中の発熱等、登園後に
体調が崩れた時も、スタッフが保育園にお迎えに行き、そのまま病児保育室でお子さんをお預かりできるという
「保育園レスキュー」
事業も行います、素晴らしいですね!
*「保育園レスキュー」による施設への迎えを利用する場合はタクシー代実費となります。

病児保育の定員は一日当たり6名。
園内のお部屋は二部屋。
一部屋はインフルエンザ等感染症対策のための隔離室となっています。

利用方法については「病児保育室フローレンス初台」のWebページ内の
専用フォームにて保護者情報や、お子さんの健康情報の登録が必要となります。

「病児保育室フローレンス」のHPからは当日のご利用状況も確認できます。
ご利用時間等詳細はこちらから。

現在、渋谷区の病児保育はベビーシッターを利用した際の
病児・病後児保育利用料金の助成を行っています。

それでもお子さんが病気の時や発熱の時にお仕事を急に休めない親御さんの声を受けて
本会議で提案をし、病児・病後児保育利用料金の助成事業が実現しました。

現在、1世帯当たり1児童の年間(4月1日〜翌年3月31日)上限額は100,000円。
対象者も大きく広がり、区内在住で、認可保育園・認証保育所・保育室・
東京都に届出済の認可外保育施設のいずれかの施設で、通常保育
(一時保育を除く)を受けている乳幼児となりました。
実際にご利用されたお母さまたちからは安心して利用でき、本当に助かっています、とお声が届いています。

一方で子育てトークでは施設型の病児保育についてもご要望をいただいていました。

これまで渋谷区に無かった施設型の病児保育室、そして医療的ケアが必要なお子さんのための保育園の開設と新たな事業のスタート、本当にうれしいです。
子育て・教育 | - | -

■ 小学校合同説明会に行ってきました

小学校合同説明会


渋谷区の小中学校は「学校選択希望制」です。

「平成30年渋谷区立小学校案内」によると
渋谷区教育委員会では、来春小学校に入学する新1年生を対象に、
現行の通学区域制度を前提にして、渋谷区内の全域から入学したい学校を
選ぶことができる「学校選択希望制」を実施。

渋谷区内の全域から、学校を選び、それぞれの学校の受入れが可能な範囲で、
入学することができます。
また、通学区域はそのまま残りますので、通学区域の学校には、受入れ可能な
人数にかかわりなく、必ず入学することができます。

となっています。

住所別通学地域一覧は title="通学地域">こちらです。

こちらは学校別通学区域です。

ほぼその通学区域のお子さんでいっぱいになる小学校もありますが、
受け入れ可能数の余力がある小学校もあるので、通学区域以外の小学校の
様子を知るにはこうした合同説明会は良い機会ですよね。

さて、合同説明会は今年は文化総合センター大和田で開催、さくらホールでは
渋谷区内の全小学校18校の特色などを各学校7分間で発表します。
7分間という時間内で全ての説明は難しいですが、学校長はじめ
先生たちの印象や何に力を入れているか、地域の特色などがわかります。

その後、2Fに移動して各校の個別相談会のスペースもありました。
そこではPTAの保護者の方も説明に参加している学校もあり、また各学校の
PTAの広報担当のみなさんが作成している印刷物なども入手できました。
一度にすべての学校の様子が聞けるのは助かりますね。

さらにご興味のある学校については学校公開や学芸会、展覧会、運動会などの
行事に行かれてみると学校の雰囲気がわかるので、それらの学校の行事予定などの
予定を聞くこともできます。

渋谷区ではこの9月から全区立小中学校の児童生徒にタブレットを配布、
プロジェクターを全教室に配置するなど、ICT教育がスタートしました。

また平成30年度から鳩森小学校では特別支援教室が開設、区内5校目となる
特別支援教室拠点校が加計塚小学校に開設予定など、児童一人一人に向き合って
いくということも伝わってきました。

・2050年、子どもたちが大人になった時を見据えて必要な力を育む小学校
・地域の将棋会館との協力で1年生から将棋を学ぶ機会のある小学校
・近隣の大使館と交流のある小学校
・近隣の中学校や保育園と連携のある小学校
・和食がメインの給食の学校
・オリンピック・パラリンピック教育アワード校

特別支援教室の児童たちとの交流を強調した小学校は「ちがいを力に変える渋谷区」に
ぴったりで今後こうした小学校が更に増えていって欲しいと思いました。

小学校によっては各学年1クラスの小規模学校またクラス数の多い学校と
様々ありますが、どの学校もしっかりと特色があります。

子育てトークに参加下さった保護者の方々が会場でお声をかけて下さって
うれしかったです。

2年ぶりに説明会に参加してみて、各小学校の新たな特色、力を入れている点などを知ることができて勉強になりました。
子育て・教育 | - | -

■ 幼稚園入園申請について

この週末は渋谷はイベントが盛りだくさんでした。
渋谷区総合防災訓練- SHIBUYA BOSAI FESS、まちが舞台の"みんなでつくる"音楽フェス
「渋谷ズンチャカ!」、渋谷区立小学校の合同説明会など。

防災フェス
お天気に恵まれてたくさんの人たちで大盛況でした!

今日は幼稚園の入園申請についてです。
来年4月の幼稚園の申請については区立園、私立園共に10月に動きがあります。

まずは区立幼稚園について。

渋谷区の区立幼稚園は2年保育で4歳児、5歳児が対象。
預かり保育と給食が始まりました。

預かり保育について
実施日:(月)〜(金) 午前7時30分〜午前9時まで 及び 午後2時〜午後5時まで 。
実施しない日:(土)、(日)・祝祭日、年末年始(12月29日〜翌年1月3日)、
夏季、秋季、冬季、春季休業日、都民の日

区立幼稚園の来年4月の申込は例年10月上旬に申込み書が配布(ダウンロードも可)
され、下旬に申込書提出となります。
スケジュールは区ニュースにてお知らせされます。

区立幼稚園では2,3歳児のお子さんを対象に未就学児の園も開催しています。

預かり保育、給食について、また園児説明会や未就学児の園については各園のHPでご確認、お問合せください。

区立幼稚園の平成29年度入園児追加募集については先着順。
こちらでご確認ください。

平成29年度 幼保一元化施設(区立)の短・中時間の追加園児募集はこちらをご確認くださいね。

次に私立幼稚園についてです。

私立幼稚園については例年10月15日から入園案内(願書)配布、
11月1日に願書受付となっています。

各私立幼稚園のホームページで募集についてお知らせされている園もあります。

今年は10月15日が日曜日ですので10月15日(日)の園と
10月16日(月)の園があるようです。

その前に説明会を実施しているところもありますので、詳細は各園に
直接ご確認くださいね。

また、空きのある園では年度途中での入園も受け付けているようです。

私立幼稚園は預かり保育、給食の有無、園バスによる送迎の有無、保育料、
プレ、幼稚園入園説明会など各私立幼稚園によって異なります。

渋谷区の私立幼稚園の一覧はこちらです。

渋谷区では私立幼稚園に通園されているお子さんの保育料、入園料を補助しています。
入園料、保育料の補助の対象は
・私立幼稚園
・幼稚園類似の幼児施設(都が認定している施設を指します)

渋谷区外の幼稚園も該当します。
*(注)平成27年4月の子ども・子育て支援新制度の施行を受け、子ども・子育て支援新制度に移行した園は対象となりません。

補助金額
入園料:40,000
保育料:12,000円〜13,700円
渋谷区の私立幼稚園などの入園料・保育料の補助についてはこちらをご確認ください。

私立幼稚園の入園料、保育料の補助対象は渋谷区外の私立幼稚園も
対象になります。

近隣区の私立幼稚園についてはこちらをご覧くださいね。
子育て・教育 | - | -

■ 10月開設の認可園の入園申込みは9月5日までです!

もうすぐ夏休みも終了。今週から学校が始まります。
8月最後の週末、「代々木の杜盆踊り大会」に行ってきました。
代々木の杜盆踊り

代々木公園近くという土地柄か、ご家族で遊びに来られている方が多く、
以前子育てトークに参加下さった方たちにもお会いしました。
お子さんがすっかり成長されている姿を見てうれしかったです。

さて、渋谷区では認可保育園が4園新たに開設、そして定期利用保育がスタートします。

まずは新設保育施設について。
渋谷区では平成29年10月に認可保育園・認定こども園・小規模保育施設の計4施設が開設される予定です。

1.各保育施設の住所、定員、運営事業者

■にしはらさくらさくほいくえん (私立認可保育園)
住所:西原2-33
定員:70人 (1〜5歳児)
運営事業者:株式会社ブロッサム

■みんなのみらいをつくる 保育園初台 (私立認可保育園)
住所:代々木4-37
定員:30人 (1〜5歳児)
運営事業者:認定NPO法人フローレンス

みんなのみらいをつくる保育園初台 


■まちのこども園代々木公園 (私立認定こども園)
住所:代々木神園町2-1
定員:122人 (0〜5歳児)
営事業者:ナチュラルスマイルジャパン株式会社

■(仮称)ぶれあ保育園・上原 (私立小規模保育施設)
住所:上原1-25-1
定員:19人 (0〜2歳児)
営事業者:キッズブレア株式会社

2.対象と申込み方法について

■すでに渋谷区の認可保育園の申込みをして待機となっている方
上記でご希望の園を追加してください。
「保育の変更届」を保育課に提出する必要があります。
平成29年9月5日(必着)までに保育課入園相談係に郵送してください。
以前申込みした時から変更箇所がある場合は(例:認可外保育施設に通っているなど)こちらも変更くださいね。
ご案内は保育課から発送されていますが、もしお手元に届いていない方は
保育課入園相談係(電話:03-3463-2492)にご連絡を。

■新たに認可保育園の申込みをする方
平成29年9月5日までに保育課入園相談係の窓口で申込みをしてください。
必要書類等については、保育園の入園申込でご確認ください。

入園案内は全て出力してじっくり読まれて必要書類に記載することをおススメします。

入園案内や各種書式は、保育課および保育園、区立幼保一元化施設、
子育て支援センター、保健所地域保健課、恵比寿保健相談所、幡ヶ谷保健相談所でも
配布しています。

窓口で申込みの際は待つ可能性がありますので、お時間に余裕をもって
お出かけくださいね。

詳細は渋谷区HPをご確認ください。

次に「定期利用保育」について。
これは以前から議会で提案をしてきて、6月議会でも質問し、この度ようやく
カタチとなります。

パートタイム勤務や育児短時間勤務などの就労形態に応じた時間で、一定程度
継続的に保育が可能になるというものです。

場所は区立保育園の一時保育室です。

定員と園は下記の通り。
各園2名:恵比寿保育園、富ヶ谷保育園、新橋保育園
各園1名:大向保育園、笹塚第二保育園
 
対象年齢:満1歳となった日の翌月〜満3歳となる年の年度末まで(2歳児クラスまで)

保育時間:週3日以下、一日8時間以下
保護者の就労時間及び通勤時間の合計のうち、保育が必要な時間。

その他の要件、詳細はこちらをご確認ください。
子育て・教育 | - | -

■ ICT教育

渋谷区で9月からスタートするICT教育についてお問合せがありましたので
ざっくりとこちらでもご紹介いたしますね。

渋谷区では本年9月から区内の公立小中学校に通う児童生徒に対し、
一人一台のタブレットを貸与し、ICT教育を推進していくこととなりました。

小学1年生から中学3年生、特別支援学級の児童、生徒、教師用として、
タブレット端末、国内のLTE網を利用したデータ通信用のSIMカード配備、
教室に電子黒板機能付きプロジェクターを設置し、授業でも使用するとのこと。

授業中での使用ですが、授業がより理解しやすい教材のひとつとして
使用するのが目的です。
もちろん授業によってはタブレットを使用しない方がよい教科もあるので、
それは先生方の判断となります。

すでにご存じかもしれませんがこちらの資料に今回のICT教育について
説明が記載されております。
ご参考前に。
子育て・教育 | - | -

■ 子育てトークを開催しました

7月25日、27日と初台と恵比寿で子育てトークを開催しました。

子育てトーク

どちらも待機児童対策についてを中心にお話させていただきました。
どちらの会場にも以前子育てトークに参加くださったお母さまが再び参加して下さり、
実際みなさんが体験した保活について、また現在通っている保育園や小学校について
など、そしてお子さんたちの元気な様子を聞くことができてうれしかったです。

今回で55回目、56回目となった子育てトーク、参加者の中心は0,1歳児の
お子さんとその親御さんでした。

保育サービスについて、現時点で知っている限りの情報をなるべくわかりやすく
お伝えするように心がけています。

前回の子育てトークは昨年の11月でした。
今年度になって新たにスタートした事業や開設予定の園についてもお話をしました。

・上限月額4万円の「認可外保育施設の 保育利用料助成(待機児童向け)」

「待機児童向けベビーシッターサービス」事業

・定例会で提案をしたパートタイム勤務の方も利用できるよう「定期利用保育」事業

今後開設予定の保育園今後開設予定の保育園について

など。

保育サービスの施策が着々と進んでいる一方で、みなさんと直接お話をしていると
まだまだ課題も見えてきます。

今回の参加者のみなさんの中にも育休をしっかり取って、できるだけわが子と
長い時間一緒に過ごしたいという方が何人もいらっしゃいました。
保育園に入るために育休を早めて認可外施設に預けるというのではなく、
しっかりと育休を取っても一年を通じていつでも保育園に入園できる、
そんな安心して子育てと仕事への復帰となるように目指したいものです。

ご協力いただいたアンケートは大事な資料です。
今後もみなさんの生の声をしっかりと受け止めて活動してまいります。

暑い中子育てトークにご参加くださったみなさま、ありがとうございました。
子育て・教育 | - | -

■ 富山県の金山小学校との交歓式@猿楽小学校

金山交流

猿楽小学校と富山県射水市金山小学校との交歓式がありました。

昭和19年に猿楽小学校の児童たちが戦争中に疎開をしたときから交流が始まりました。

その後姉妹校となり、今年は40年目。
今では隔年で猿楽小学校の児童が金山小学校を訪れ、また金山小学校の児童が
猿楽小学校の児童を訪れ、という交流を続けています。

今年、この三連休の初日の7月15日に金山小学校の児童たち、先生方、保護者
のみなさん、関係者が猿楽小学校を訪れてくださいました。

今を遡ること昭和19年、東京から親元離れて今の射水市のお寺に疎開にした
猿楽の子どもたちに寂しい思いをさせないようにと、当時の村長さんや校長先生が
地元のみなさんにも協力を求めて、地元の子どもたちに芋を食べさせても、
疎開の猿楽小学校の子どもたちはお米を食べさせよう、と温かく迎えてくださり
疎開生活を過ごしたそうです。

つい最近、その時代疎開をしたという方からお話を伺ったところ、
疎開中だったけれど良くしていただき、楽しい思い出ばかりで、
疎開後もお世話をくださった方たちとずっと交流を育んできたとのこと。
写真を見せていただきながら当時のお話をしてくださいました。

交歓式当日、猿楽小学校は校舎の中や体育館は至るところに金山小学校の
みなさんの歓迎の飾り、そして鼓笛隊とアーチでみなさんを迎えました。

今年は姉妹校として40年目の節目の年。
小学校の校門すぐ脇には実際に射水市から運ばれた「岩」を使った
ビオトープが完成しました。
井戸からきれいな水が流れました。
ビオトープ

ビオトープも土壁もみんなで力を合わせて作ったそうです。

昨年は猿楽小学校の子どもたちが金山小学校を訪れました。
自然を満喫した楽しい思いでをたくさん作ったとのこと。

今年の夏もみんな楽しい思い出を作ることができたかと思います。

関係者のみなさま、今年も素晴らしい交流をありがとうございました。
子育て・教育 | - | -

■ 区立幼稚園「なつまつり」

幼稚園なつまつり

2つの区立幼稚園の「なつまつり」におじゃましました。

保護者のお囃子に合わせて見事に太鼓を叩いたり、
盆踊りでは地域のみなさんと一緒に踊ったり、子どもたち手作りの
かわいらしいお神輿をみんなで担ぎました。

園児たちが作るお神輿を毎年楽しみにしているのですが、今年も子どもたちの
感性と工夫がたくさん詰まった素敵なお神輿が完成していました。

後半はゲームコーナー。
臨川幼稚園の保護者のみなさんが得意分野を発揮して作ってくださった輪投げゲームなど、
子どもたちは目をキラキラさせて遊んでいました。

広尾幼稚園のなつまつりは毎年最後は花火。
保護者のみなさんが園庭に花火をセッティングして、みんなで楽しみます。

子どもたちの笑顔でいっぱいになった「なつまつり」でした。

区立幼稚園の「なつまつり」は保護者のみなさんがこうした行事に準備から
しっかり係ってみんなで楽しんでいる姿が印象的です。

毎日暑い日が続いています。

水分をしっかりとって楽しい夏をお過ごしください。
子育て・教育 | - | -

■ 認証保育所の「なつまつり」

この時季、保育施設では「なつまつり」や「たなばた」をやっているところが
多いのでは?

代々木上原にあるピュアテンプさんの認証保育所の「なつまつり」に
行って参りました。

なつまつり

会場は小規模保育施設ならではの心のこもった温かさでいっぱいです。

写真は牛乳パックとペットボトルのフタで作った動物カスタネット。
近所のお店でいただいた段ボール箱とペットボトルを利用して作ったゲーム。
お家でも作ってみたくなります。

他にもヨーヨー釣りや親子で星を作って飾ったり、普段子どもたちが食べている
おやつを親子でいただいたり…。

子どもたちは目をキラキラさせて楽しんでいました。

ピュアテンプ代々木上原はすっかり地域に馴染まれてご協力いただいています。

子育てトークではこうした小規模認可外のお話もさせていただいています。

次回は7月25日(火)@初台7月27日(木)@恵比寿
です。

テーマは最新の待機児童対策、小中学校について等。

みなさまのお申込み、お待ちしています。
子育て・教育 | - | -
1/11 >>