岡田マリ official blog

■ 議員の海外視察について思うこと

トルコ・フィンランド都市・文化交流の報告会を区内4ヶ所で行いました。
今回行ったメンバーみんながそれぞれの思いを述べ、改めて勉強になりました。
お越しくださったみなさん、ありがとうございました。

さて、行く前から考えていたのですが、「議員の海外視察」とは
一体議員一人ひとりが何をすべきだろう?とひっかかっていました。
新聞でもよく記事になっていますように、非常にわかりにくいし
みなさんが理解できないのもよくわかります。

今回9月にトルコ・フィンランドの海外都市・文化交流に参加し、
ヴァイオリンを弾かせていただき、帰ってきてからは第3回定例会で
海外都市・文化交流でのことを提案しました。
トルコとの次のステップは区民のみなさんとの交流へとつながっていく
ことにもなりつつあります。
それでもどこか納得できなかったのですが、報告会を重ねるうちに
見えてきたことがありました。

今回は「海外都市・文化交流」で行きました。
みなさんにとっては「海外視察」も「海外都市・文化交流」も
一緒だと思います。
なのでここでは敢えて「海外視察」と書きますね。

普通、民間の企業や団体が海外出張に行ったら、契約を取ったり、
話を決めてきたりなど、必ず何か結果を持ち帰ってきます。
何か結果を持ち帰ってくるからこそ海外まで行く価値があります。

じゃあ議員はどうやって結果を見せるの?

今回は「海外都市・文化交流」が目的でした。
これまで培ってきたトルコとの交流、そして今回新たにフィンランドとの交流を
経て学んだことを渋谷区に反映させていくことです。

私が思うに、
議員の海外視察は海外で得たこと、見てきたこと、感じたこと、
学んだこと、気づいたことを今後の渋谷区政やまちづくりに反映させるために
行くのだと思います。

ただすぐに目に見えての反映できるというのではなく、それは日々の活動
や生活のなかで結果を出していくことではないでしょうか。

戻ってきてから日々を過ごしていると、今回訪れたトルコ、フィンランドには
渋谷区のまちづくり、子育て、教育、福祉などの点で生かせるヒントが
散りばめられていたことに気づきました。
もちろん丸ごとそっくり真似するのではなく、トルコやフィンランドの
スパイスを効かせて渋谷区風に上手にアレンジをして生かせたら
もっとよくなりそうなことがたくさんあります。

だから報告会後も私たちの「海外視察」はまだ終わっておらず、
私たちはこれからも今回の海外視察で得てきたことをフィードバックする姿勢を
いつも持ち続けていくことが必要だと思います。

そんなことが見えてくると、「あれも、これもやってみたい!
取り入れてみたい!!」
と新たにムクムクとアイディアが浮かんできます。

「議員の海外視察」、本当に見えにくいとは思いますが、ご理解いただけたらうれしいです。
海外都市交流 トルコ・フィンランド | - | -

■ ウスキュダル区役所 - 海外都市文化交流7

この先がウスキュダル区役所です。
区役所付近

近くまで行くと音楽が聞こえてきます。
なんと「上を向いて歩こう」でした。
楽団


なんと楽団による日本の曲の演奏、そしてそのすぐ横には
メフメット チャクル区長筆頭に議員のみなさん、区役所の
みなさんが出迎えてくださっていました。
歓迎

そして入口は日本とトルコの旗で飾られています。
役所

まずは議場に行き、メフメット チャクル区長と桑原区長の
挨拶がありました。
議場へ行く廊下にも職員のみなさんが出てきてくださり、トルコと日本の旗を手に
ニコニコ手を振って下さいました。

メフメット チャクル区長の
「私たちはまるで親戚を待っているような気持ちで今日の日を
迎えました」
という挨拶から始まりました。
トルコでは親戚も含む家族はとても結束が固く掛買いのない存在
だと聞いています。
そんなトルコで親戚という言葉を使ってくださるのは、チャクル区長の
渋谷区への思い入れを垣間見た気がしました。
海外都市交流 トルコ・フィンランド | - | -

■ トルコの学校 - 海外都市文化交流6

イスタンブールのCOSKUN(ジェシクンと読みます)小中学校を訪れました。
ジェシクン学校

こちらが校舎です。

校舎2

え、学校?どれが校舎?
とお思いではないですか?

一見住宅のようですが、各学年、建物ごとに別れています。
写真の一番下は9月11日「海外文化都市交流 -2」のブログに書きました
起震車です。


こちらは2年生の教室が入っている建物です。
校舎
COSKUN小中学校は私立の学校です。
2週間に一度、そして毎月一回試験があるそうです。
試験は高校に入学する試験のために、足りないところを補うために
実施されるのだそうです。

興味深かったのは通常学級とはべつにIQが高い児童、生徒のための
教育があるそうです。
これはオスマン帝国時代から続く英才教育だそうです。
オスマン帝国時代も特殊能力を伸ばし、軍で活躍するため、
政治の世界で活躍するため等の英才教育があったそうです。

英才教育の児童、生徒は90名。
大学と契約をしており、契約をしている大学に入学し、
トルコの教育、文化を引き継ぐのだそうです。

さて、こちらのジェシクン小中学校は1992年にスタートしました。
そして1996年にある人が今ある校舎をまとめて寄付してくださったことから
移転したそうです。

前回の「社会発展センター - 海外文化都市交流 -5」で「ザカート」という
寄付について書きましたが、今回は「サダカ」という寄付です。

『ウィキペディア(Wikipedia)』によると
サダカを自由喜捨、ザカートを制度喜捨として区別しており、
こちらは義務ではないようです。
例えば、商業などで成功した人物が、慈善団体に自由意志でもって喜捨を
するのがサダカである。
また、さらに富裕な人物は地域共同体に対して学校などの建物をまるごと
寄付することも多い。
サダカで寄付された学校などには寄進者の名前が刻まれることはない。
それは、サダカが直接富裕者から寄付されるのではなく、観念的には
神(アッラー)に寄進され、それを皆が使える状態にしているゆえである。
だそうです。

最初は裕福な人がこれだけの住宅を購入して寄付?
と驚きましたが、イスラム教について知っていくと色々紐解かれていきます。

さて、もうひとつ興味深かったこと。

ランキング

一体この男の子は誰でしょう?
トルコ全国学力テストで1番をとったジェシクン小中学校の児童だそうです。

このように学校の入口に壁面いっぱいに功績が称えられています。

ランキング2


後に訪れたフィンランドでは学力テストの結果は学校別のランキングも作成されません。
トルコとフィンランドは対照的な学力テストのあり方でした。
海外都市交流 トルコ・フィンランド | - | -

■ イスラム教を垣間見た「社会発展センター」 - 海外都市文化交流5

ウスキュダル区の一施設、TOGEM -社会発展センターに行きました。

トゲム外観

TOGEMは「社会的な問題を解決するところ」で
一般トルコ人から寄付されたものをまた一般トルコ人に
寄付をする”コーディネート”をしているところでした。

ここでイスラム教を少し垣間見ることになりました。


館内には寄付によって集まったたくさんの家具や洋服、生活雑貨、
米などの食糧、本、電化製品などがありました。

その場でハンドメイドされているステキなテーブルクロスや
カーテンなどもありました。

それら寄付されたものは70%が新品、30%が中古だそうです。

これらの品々は登録し、区の審査を受けた12,300家族のところに
寄付されたり、バスの移動幼稚園の園児たちに文房具が寄付されます。


ドファー職人
こちらはソファーをリフォームしている職人さん。

アイロン
古着のお洋服にアイロンをかけて新品同様にしているアイロン職人さん。

古着は洗濯 → アイロン → きれいにたたむ → バーコード
とう経過を経て、新品のように生まれ変わります。

トゲムお洋風
まるでお洋服屋さんの店内ですが、TOGEMの一室です。
上でアイロンをかけられた古着のお洋服も新品のお洋服も
わかりません。

トゲムリフォーム棚
こちらはリフォームされた愛らしい棚です。

トゲム小物
こちらはテーブルクロスなどの雑貨です。

ネリーさん
クッションなどの小物です。説明をしてくださったのはネリーさん。
館内にはネリーさん筆頭にたくさんの女性が働いていました。


これらの品々はバーコードによって全て管理されています。
バーコード
なんとこのバーコードは、たとえばこのシャツが誰から寄付され、
そしてどこに寄付されるか、までもの情報がわかるそうです。

倉庫
バーコードがついたら巨大な倉庫にいきます。

つい最近は10万冊の本が刑務所の図書館に寄付されたそうです。


なぜトルコではこんなにたくさんの品々(それも新品のものが多数)が
寄付されるのかというと、イスラム教の5行のひとつに
年収の2.5%を寄付するという義務があるからだそうです。

この義務というのはイスラム教の五行の一つの、「ザカート」と
呼ばれているものだと思うのですが、

『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、「ザカート」は困窮者を
助けるための義務的な喜捨。制度喜捨あるいは救貧税とも訳される。
ザカートの本来の意味は「浄め」。
だそうです。

「ザカート」の寄付の使途は貧しい人たちへの寄付だそうです。

後日詳しくご紹介する私たちが訪れたウスキュダルの学校も
このような寄付で建てられていました。

ヨーロッパでもアジアでも南米でも世界どこに行っても、
その国の文化や生活は宗教の影響が大なり小なりあります。
今回のトルコもイスラム教が様々なところでキーになって
いました。

また次回に続きます。
海外都市交流 トルコ・フィンランド | - | -

■ そしてヴァイオリン演奏 - 海外都市文化交流4

さて、今回は「海外都市文化交流」が目的でした。

そこで、せっかくですので日本からヴァイオリンを持って行き、
演奏させていただきました。

当初はウスキュダルだけかな、と思っていましたが
結局、フィンランドでも弾く機会があり、全部で3箇所、
4回弾く機会がありました。

写真はイスタンブールのウスキュダルでの答礼宴。

答礼宴1

曲はエルガー作曲の「愛の挨拶」、トルコ民謡の「ウスキュダル」、
そして渋谷区在住の故高野辰之氏の作詞で渋谷川が
モデルの「春の小川」を弾かせていただきました。

「ウスキュダル」はエキゾチックで哀愁のある曲で
私も弾いていて本当に大好きでした。
日本では江利チエミさんが歌っていた曲と言えば
ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

答礼宴では最初は緊張しましたが、トルコ民謡の「ウスキュダル」を
弾きだすとトルコ側からどよめきの声が…。
その後は一緒に歌う声や手拍子が。

結局アンコールにも「ウスキュダル」を弾いて、みなさん大いに
盛り上がってくださり、嬉しいコメントをたくさんいただきました。

実はこの「ウスキュダル」は、事前研修会でレクチャーを
してくださった斉藤さんに相談をして決めました。
トルコで長いこと生活してた斉藤さん。
「トルコと日本の架け橋になりたい」と
とてもわかりやすく、そしてフレッシュな事前レクチャーを
私たちにしてくださり、今回のトルコ行きを盛り上げてくれました。
そんな彼女のアドヴァイスの「ウスキュダル」は
トルコ側のみなさんに大変喜んでいただきました。
斉藤さん、どうもありがとうございました。


そしてあとはフィンランドのヴィヒティ市の学校と市役所で
演奏しました。
ヴァイオリン フィンランド
写真は学校での演奏です。

ヴィヒティ市の市長さんからもお褒めの言葉をいただきました。

演奏する機会をくださった関係者のみなさん、ありがとう
ございました。
海外都市交流 トルコ・フィンランド | - | -

■ 「渋谷通り」 in トルコ!- 海外都市文化交流3

渋谷通り1

「渋谷通り」はイスタンブール、ウスキュダル区の中でもモードな地域として
注目されつつある一画にありました。

渋谷通り2

正面の茶色の建物はモードなお店がたくさん入っているという
ショッピングセンター。(渋谷でいうと109ですね。)
そしてその手前は洒落たレストランが連なります。

渋谷通り3
近くにはモスクもあります。
そして「渋谷通り」にはたくさんものトルコと日本の比較写真が
わかりやすく展示されているのが特徴です。
このように写真が展示されている通りは、イスタンブールの
どこに行っても「渋谷通り」以外見られませんでした。

渋谷通り4
こちらはウスキュダルと渋谷の街の比較写真です。

他にも「トルコの民族衣装」と「日本の着物」写真や「トルコの建物」
と「日本の建物」など、どれも写真も美しく、興味深いものばかり。
そして桜の木も植えられていました。

以前、ヨーロッパのある街で日本の友好都市を結んでいると思われる
「○○通り」を目にしたことがありました。
ご存知の通り、欧米の住所は「通り」からきています。
ですので日本と違って新しく「○○通り」を作るのはとっても
難しいのです。
その「○○通り」は「道」とは言い難い、路地の奥のあまり人が足を
踏み入れないようなところにひっそりとあったのを覚えています。

この「渋谷通り」を見たとき、そのヨーロッパの「○○通り」を
思い出し、この立派な「渋谷通り」からウスキュダル区の渋谷区への
思いが伝わり嬉しくなりました。

ウスキュダル ”テシェキュレデリム!” 
「ウスキュダル、ありがとうございます!」
海外都市交流 トルコ・フィンランド | - | -

■ 渋谷区の起震車は大活躍!- 海外都市文化交流2

2006年9月に渋谷区所有の起震車がイスタンブールのウスキュダル区
贈呈されました。
横浜港からイスタンブールに輸送されました。

そして渋谷区からはるばるやってきた起震車はイスタンブールで大活躍でした。

この日、起震車はCOSKUN小学校にやってきました。

起震車1
上から見た起震車です。
あれ、なんだか渋谷区で見るのと違う感じ…。

起震車2
ちゃんと「渋谷区」が入っていました。


起震車3
すっかりお化粧直しされて、内装はトルコ風に変わっていました。

起震車4
机の下で必死な先生と児童。

起震車5
子どもたちも興味津々!

起震車はこれまで国立校68校のうち60校で体験されたそうです。

渋谷区の起震車は消防署の管轄です。
スキュダル区のように、行政で動かせると、さらに色んなところで
体験してもらえるのかもしれません。

トルコも地震については多くの研究をしています。
天文台・地震センターに行き、専門家からのお話も伺いました。

渋谷区からウスキュダル区に贈呈された「起震車」でした。
海外都市交流 トルコ・フィンランド | - | -

■ イスタンブールってこんなとこ(街並み編) - 海外都市文化交流1

海外都市文化交流でトルコのイスタンブールにあるウスキュダル区、
そしてフィンランドへ行ってまいりました。

ウスキュダル区は渋谷区が友好都市提携を結んでいます。

今回、私はイスタンブールはもちろん、トルコは初めてでした。
行ってみての感想。
「こんな街と友好都市提携を結んでいたなんて!」
という驚きとちょっぴり誇らしい気分です。
一人でも多くの方にイスタンブール、ウスキュダル区を見ていただけたら、
と思います。

そして美しいだけでなく、数々のすばらしいことをやっていた
ウスキュダル区。
参考になることも多くやっておりました。

まずはイスタンブール、ウスキュダル区がどんなところかご紹介いたします。

景色1
ウスキュダル区はボスフォラス海峡(Bosphorus)に面したイスタンブール
ではアジア側に位置します。
写真はボスフォラス海峡。向こうはヨーロッパ側の景色です。

景色2
こちらの写真はヨーロッパ側からみたアジア側です。

私のイスタンブールの印象は坂がとても多かったこと。
そして景色の美しさ。
ボスフォラス海峡の一番幅のせまいところで700メートル。
すぐ対岸の美しい景色がどこからでも見れるのです。

わたしがこれまで訪れたところでそのような特徴のある海辺の町は
初めてでした。
ヴェニス、南イタリア、サンフランシスコ、ケープコードと
美しい海景色のある場所はたくさんありますが、対岸の景色が
一望できる町は他に類を見ません。

景色3

そしてもうひとつの特徴はこんなに建物が水辺ぎりぎりまで
建っていること。
きっと穏やかなボスフォラス海峡とカラッと晴れた気候が
このパノラマを助けているのでしょう。

景色4
本当に水辺ぎりぎりに公園があります。

景色5
同じ公園で魚が釣れたおじいさんのお手伝いをしている子どもたち。
公園の遊具は健康作りに適しているようでもあり、
大人も使っていました。

所変わって…。

景色 区役所1
旗の先がウスキュダル区役所です。

景色 区役所2
区役所の入り口を日本の国旗とトルコの国旗で出迎えてくださいました。
(詳細はまたあとで)


区役所の前はこんな感じです。
景色 区役所3


そしてウスキュダル区の街並みです。

訪れたCOSKUN小中学校はこんな坂道を登ったところにありました。
景色 坂

こちらは街の様子です。

まちなみ2

まちなみ5
トルコ版のキオスクでしょうか?

まちなみ6
野菜や果物が豊富でした。

今回はイスタンブール、ウスキュダル区の街並みでした。
また次回に続きます。
海外都市交流 トルコ・フィンランド | - | -
1/1